神尾真由子がベルリン・バロック・ゾリステンとバッハの協奏曲を奏でる。神尾といえば、2007年のチャイコフスキー国際コンクールの優勝者であり、チャイコフスキーやシベリウスなどのロマン派の協奏曲でのテンションの高い演奏が思い起こされ、バロック音楽のイメージはあまりない。それでもバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」や「2つのヴァイオリンのための協奏曲」は幼い頃から弾いてきた。

続きを読む
2015-12-09 17:21 この記事だけ表示