©フジテレビ

今年で35周年を迎えた、東芝グランドコンサート。2月2日に都内で開かれた記者会見には、指揮でピアノ・ソリストも務めるダニエル・バレンボイムの他、3公演を指揮するダーヴィト・アフカム、シュターツカペレ・ベルリン(ベルリン国立歌劇場管弦楽団)から楽団代表としてフォルカー・シュプレンガーとズザンネ・シェルガウトが登壇。会見コメントをお届けする。

2016年2月2日(火)の来日記者会見より

――ご自身の初めての来日公演からちょうど50年となりますが、これまでの日本公演で印象に残っていることは?

■ダニエル・バレンボイム
50年前に初めて日本に来て、年月を重ねて何度も日本に来ています。当時から、日本のお客様の集中力、そして大変静かに演奏会に耳を傾けてくれる姿に感銘を受けていました。そして当時、コンサート会場で「なぜそれだけの集中力を保っていられるのか?」と聞いたことがあります。その答えは、非常に多岐にわたっていました。その中の一人が、「日本では、ヨーロッパの音楽というのは、比較的新しいものなのです。日本でベートーヴェンの<交響曲第9番>を初めて聞けたのは、第一次世界大戦の直後で、そのころは、まだピアノの伴奏、4人の歌手、そして合唱の代わりに数名の歌手が合唱部分を受け持つという形でした。そして、40年たった今でも活発な音楽生活が営まれるようになり、多くの人がたくさんの音楽を聴いてくださっています。ですけれども、多くの人々にとって西洋の音楽を聴くということは、新しい体験であった。常に謙虚な姿勢で音楽に向き合ってくださったのだ」ということをうかがっております。もしかすると、それは日本の社会、あるいは価値観、精神的な営みに対する日本に皆さんが持っていられる敬意の表れなのかも知れません。

もちろんヨーロッパでも、そして世界中のどこで2,000人を超える大きなホールでブルックナーの交響曲を、本当にその作品を知っている方たちに聴いていただけるということは体験できるものではないし、期待できるものではありません。だからこそ聴衆の皆様の意識がより重要になると私は思っております。本当に聴衆の皆さんが真摯に耳を傾けてくださり、それは作品の中に人間的なメッセージが込められているからだと私は思っております。そして、それが変わらずに今も続いていることが私は素晴らしいことだと思います。日本はいろいろな面で世界に向かって開かれた国になってきました。この数十年の間に、世界に向かって開かれてきましたけど、こと音楽に関しては、日本の皆様は外から取り入れるべきもの、そして取り入れなくてもよいものをはっきりと見極められているのだと思います。

私が知る限り、ツィクルスとしてブルックナーの交響曲全9曲が連続で演奏されることは初めてと聞いております。私たちは、順番として敢えて1番から順番に9番まで演奏することを決めました。それは、聴衆の皆様にとっても、演奏するオーケストラの側にとっても、ブルックナーの作曲家としての成長に向き合うことにつながるからです。ひとつひとつのシンフォニーをそれぞれ聴くと、どれも似ているような印象を受けがちです。ブルックナー様式と呼ばれるものがあるのではないかと思いがちですが、決してそうではありません。すべての作品を順番に聴くという機会を私は重要と思っています。

残念ながら、帯同するアフカムさんが指揮する最後の3回の公演のときは、私は日本を離れてしまって、聴くことができないのですが、是非アフカムさんには、私が体験して同じ幸せな時間を、ここ日本で過ごしていただきたいと思っております。

――オーケストラの皆さんにとってのブルックナーという作曲家は、どんな印象がありますか?

フォルカー・シュプレンガー
我々オーケストラにとっても、ここ東京でツィクルスを演奏できることは、非常に大きな幸運です。これまでにベルリン、ニューヨーク、ウィーンで、ツィクルスでの演奏をしてきました。とても大きなプロジェクトであり、オーケストラにとってチャレンジでもあります。芸術的なチャレンジでもあり、体力的にも大きなチャレンジです。この先、パリでもツィクルスを演奏することになっていますが、一度ではなく、数回に分けての演奏となります。我々シュターツカペレ・ベルリンとしての意気込み、こだわりは、オペラもコンサートも最大限の水準で演奏するということです。アントン・ブルックナーという作曲家が、燦然と輝く存在であることは間違いありません。マーラーや他の作曲家と並ぶ非常に素晴らしい作曲家です。ですから、我々にとってこうしたツィクルスでの演奏は特別な意味があります。ベルリンでの活動では、オペラを演奏して、翌日は別の演目を、そして翌週はコンサートするなど多彩なプログラムを演奏しています。ですから、ツィクルスで演奏できることは、ひとりの作曲家の音楽言を集中して取り組む可能性を与えてくれます。こうしてツィクルスという形での演奏によってその作曲家の音楽言語をより一層深めることができます。ツィクルスで演奏するということは、マエストロ・バレンボイムがおっしゃったようにひとりの作曲家の全体像をとらえることができるチャンスを与えられることでもあります。その作曲家にとって本当に重要なメッセージはなんだったか、そこにたどり着くことができます。

――アフカムさんにとって、バレンボイムさんから学んだことや印象に残っていることは?

ダーヴィト・アフカム
マエストロ・バレンボイムのリハーサルは、毎回毎回密度の濃いマスタークラスを受けているようなものです。指揮者としての、音楽家としての、人間としてのマスタークラスを受けているようなそんな時間を積み重ねることができます。壮大に聞こえますが、まさに事実で、どのようにオーケストラと向き合うか、仕事をするかという技術的なことも含まれますが、それだけではなく、ブルックナーが何を言おうとしているか、伝えようとしているか、ということを突き詰めていく体験を一緒にできます。それは私のような若い芸術家、音楽家、指揮者にとって、本当にたとえようのないほどの価値があるもので、いくら感謝してもしつくせない気持ちでおります。

――アフカムさんが指揮する、金沢、広島、福岡の聴きどころを。

ダーヴィト・アフカム
(メインプログラムで、ブラームスの交響曲第2番を演奏しますが)私は、ブラームスが本当に大好きで、ブラームスと共に大きくなったといっても過言ではないぐらい、私にとって馴染みのある作曲家です。ちょうど11月にベルリンでこの作品をシュターツカペレ・ベルリンと共に演奏することができ、日本でも演奏したいと思っていたので、実現でき嬉しく思っています。 そしてモーツァルトの協奏交響曲では、オーケストラの中の素晴らしい4人のソリストの演奏共に充分に堪能いただけるいいプログラムだと思っているので、今から楽しみにしています。

――オーケストラとして、日本の皆様へメッセージを。

ズザンネ・シェルガウト
なるべく大勢の日本音楽愛好家の皆さんに私たちの演奏会をお楽しみいただければと願っています。私たちは、何度も日本に来ていますが、毎回来るたびに会場での聴衆の皆さんとの出会いを楽しみにしております。コンサート以外でも皆さんの暖かいおもてなしと心遣いに触れることは、毎回大きな喜びです。来年2017年10月にはベルリンのシュターツオーパー(オペラ座)が再開場いたしますので、是非皆さんベルリンに足を運んでいただいて、現地でも私たちの演奏をお楽しみいただけたらと心から願っております。

公演概要

東芝グランドコンサート35周年特別企画
ダニエル・バレンボイム 指揮・ピアノ ベルリン国立歌劇場管弦楽団

<公演日程・会場>
2016/2/3(水)  フェスティバルホール (大阪府)
2016/2/4(木)  愛知県芸術劇場コンサートホール (愛知県)
2016/2/9(水)〜2/20(土)  サントリーホール 大ホール (東京都)
2016/2/18(木)  ミューザ川崎シンフォニーホール (神奈川県)
2016/2/23(火)  石川県立音楽堂 コンサートホール (石川県)
2016/2/25(木)  アクロス福岡シンフォニーホール (福岡県)

<※出演・曲目はチケット詳細ページをご確認ください。>

2016-02-03 20:53 この記事だけ表示