★最新DVDプレゼントキャンペーン★現代オペラ界の奇跡、グルベローヴァを目撃しよう![公演情報]
 完璧なコロラトゥーラのテクニック等で彼女を賞賛する言葉は多いが、人間味たっぷりに歌い上げるコンサートでは、オペラでは見ることの出来ない魅力が発見出来るはずである。

 1946年にブラティスラヴァで生まれ、1968年に「セヴィリアの理髪師」のロジーナを歌ってデビューした彼女は、還暦を過ぎ、今年でデビュー40周年という節目の年を迎えている。コロラトゥーラ・ソプラノは通常寿命が短いとされるが、世界のトップに40年近く君臨していることは、まさにオペラ界の奇跡と言えるであろう。

L006248.jpg

 完璧なアジリタのテクニック、美しく豊かな音色、輝かしいアクート、低音から高音まで安定感のある声、好不調の波がほとんどなくいつも安定した歌唱、それらはさながらストラディヴァリウスなどの完璧な楽器のようである。しかもその完璧な楽器に感情を入れ、実に暖かみのある歌唱を聞かせてくれる。また、最近では彼女を取り巻くオーラが凄く、舞台上での存在感は観客の心を鷲掴みにする。

 ウィーン、ザルツブルク、ミュンヘンなどドイツ圏では絶大な人気を誇る彼女も、イタリアなどではベルカントではないと言われ、評価は今1つである。しかしそのことは、あまりに完璧なテクニックで楽々と歌い上げために、スリルが感じられないなどという良く分からない理由なのである。
 しかも、イタリア人のベルカント・ソプラノたちも歌わなかったようなドニゼッティやベッリーニの作品に積極的にトライを続け、光を当てた功績は非常に大きい。

 今回のプログラムも見所満載だが、特にドニゼッティの「シャモニーのリンダ」のアリア“この心の光”は華麗なコロラトゥーラのテクニックが満載で、グルベローヴァが世界一のリンダ歌い、ということが良く分かるはず。カデンツァでは超高音のハイDの音も聞かせてくれるであろう。

すっかり恒例となりましたe+だけの太っ腹企画『e+もっとクラシック』を今回も行っちゃいます!
今回のプレゼント企画はウィーン国立歌劇場≪ロベルト・デヴェリュー≫公演です。

7月25日(金)〜8月3日(日)の期間中に、ウィーン国立歌劇場≪ロベルト・デヴェリュー≫公演のS、A、B券をご購入のお客様全員に、エディタ・グルベローヴァによる歌劇≪ロベルト・デヴェリュー≫のDVDをもれなくプレゼントいたします!このDVDはなんと7月23日(水)に発売されたばかりの新作(税込価格¥6500)。

present_dvd.jpgフリードリヒ・ハイダー指揮、バイエルン国立歌劇場管弦楽団による素晴らしい演奏と映像となっています。
ベル・カントの女王グルベローヴァが、愛人の裏切りにより狂気に走るエリザベッタを迫真の演技と完璧な歌唱で表現するさまはまさに息をのむ迫力。今回のウィーン国立歌劇場の「ロベルト・デヴェリュー」は演奏会形式による上演ですので、このDVDの映像で予習しておけば、実際の公演がより深く何倍も楽しめます!

*チケット1枚につき1枚をプレゼントいたします。
キャンペーン期間 7/25(金)〜8/3(日)23:59まで
*プレゼントは9月下旬に発送をさせて頂きます。

■ウィーン国立歌劇場 G.ドニゼッティ作曲 『ロベルト・デヴェリュー』
10/31(金)〜11/8(土) 東京文化会館大ホール (東京都)
>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!

≪エディタ・グルベローヴァの公演 チケット発売中!≫

■オペラ・アリアの饗宴
11/23(日・祝) ザ・シンフォニーホール (大阪府)
>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!


2008-07-24 12:00 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。