日本の吹奏楽界初。世紀の瞬間に立ち会おう!東京佼成ウインドオーケストラ × シエナ・ウインド・オーケストラ[公演情報]
東京佼成ウインドオーケストラ × シエナ・ウインド・オーケストラ
2大ウインド・オーケストラのサウンド融合が実現。
『ブラスの祝典』年末はこのコンサートに行かなきゃ終われない!


siena.jpg
<東京佼成ウインドオーケストラ>

kosei.jpg
<シエナ・ウインド・オーケストラ (C)堀田力丸>

【注目その1】
え!?
東京佼成とシエナ? (*略してこう呼ばせていただきます)
この公演情報を知った方は驚きと喜びを隠せないだろう。
吹奏楽を経験した方々で、この2大ウインド・オーケストラを知らない方はいないと思うが、まさか合同での演奏を聴くチャンスがめぐってくるとは夢にも思わないだろう。
わかりやすく言うと、現役の劇団四季と宝塚が共演!ぐらいビッグニュースなのである。

東京佼成は1960年に結成され、(故)フレデリック・フェネルの薫陶を受け、日本の吹奏楽界をリードしてきた歴史ある楽団。
シエナは1990年に結成、指揮者:佐渡裕を主席指揮者に据え、あっという間に東京佼成と並ぶまで急成長した楽団である。シエナの演奏者の中には東京佼成の演奏を聴きながら学生時代を過ごしたプレイヤーも数多くいるはず。
そんな親子とも言える2つのオーケストラがそれぞれの演奏を聴かせてくれるだけでなく、一緒になって演奏してくれるって言うのだからどんなサウンドになるか?期待は膨らむばかりだ。

【注目その2】
合同で演奏される曲には、アルフレット・リード「アルメニアンダンス Part 1」、レスピーギ「ローマの松」、など吹奏楽ではお馴染みの名曲がラインナップに上がっている。吹奏楽経験者ならば、キターッ!と感じるのは間違いなし。
その上、坂本龍一が作曲した1992年バルセロナ・オリンピックの開会式曲「地中海のテーマ(El Mar Mediterrani)」を吹奏楽バージョンで世界初演!も予定。まさにその瞬間の証人として会場に行く価値は大いにある。
また、シエナの演奏曲目には、彼らが06年にリリースしたCD「ジョン・ウィリアムズ 吹奏楽ベスト!」からの抜粋楽曲も予定しているので、吹奏楽初心者でも十分楽しめるだろう。

【注目その3】

kimseikyou.jpg
<金聖響 (C)IMX Miyoshi Eisuke>

そして、記念すべきこのコンサートの指揮をするのは、金聖響。
天は二物を与えずというが、そういう人もいるらしい。
彼はGood Lookingなだけでなく、若手指揮者の中でも俊英と評され、日本国内外のオーケストラと共演を重ねる実力と人気を兼ね備えた指揮者である。(もちろん本人の研鑽の賜物である)
シエナの客演指揮者でもあり、東京佼成との共演も経験済み。
まさに、今回の公演にぴったりの指揮者ではないだろうか?


どうですか?年末が待ち遠しくなってきましたか?
師走(12月)はあっという間にやってきて、あっという間に過ぎてしまいますよ。
チケットは早めの確保を!!

【公演情報】
■ブラスの祝典
12/27(土) 東京国際フォーラム ホールA (東京都)

座席選択先着先行受付:10/1(水)10:00〜10/5(日)18:00
一般発売:10/18(土)

>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!


2008-09-30 14:28 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。