e+独占先行販売決定!ストラディヴァリウス・サミット・コンサート[公演情報]
300年の時空を超え、今年もストラドがやってくる。
ストラディバリウス、通称ストラド。この世界最高の弦楽器だけによる極上のアンサンブル・コンサートがベルリン・フィルの名手たちで実現!

logo_strad_white.jpg

世界で最も有名な楽器と言えば、間違いなくストラディバリウスであろう。
その名前はクラシック通だけでなく、一般にも広く知れ渡り、1度その音色を聞いた者はその魅力に取りつかれるという魔性の楽器である。約300年前にイタリアのクレモナで生まれたこの楽器だが、現代のハイテクノロジーを持ってしても決して再現が出来ず、神秘に包まれたままである。1台時価数億円と言われるそのストラディバリウス11台を一堂に集め、しかも世界に冠たるベルリン・フィルのトップ奏者たち弾いてもらうという夢の企画。

メンバー.jpg

1993年から始まったこのコンサートは、今回で8回目を数えるが、過去7回、期待を裏切らず極上のハーモニーを聞かせてくれた。
いくらストラディバリウスが名器と言っても、コンチェルトのソリストや弦楽アンサンブルの場合、他の楽器と混じり合うと、響き、ハーモニーという点で本来の魅力が半減するとも言われている。しかし、11台のストラディバリウスだけでハーモニーを作るとどうなるであろうか?
それを実現するまさに夢のコンサートがこれである。

今回の11台の内訳は、7台のヴァイオリン、2台のヴィオラ、2台のチェロ。
特に注目されるのは世界に7台しか現存しないと言われるヴィオラが2台も集まるという点。
なおかつそのうちの1台はストラドだけでなく、世界最高の楽器とも謳われるグスタフ・マーラーなのである。

マーラー.jpg
[グスタフ・マーラー]

このマーラーを始め、これほどの名器がこのように一堂に集まるコンサートとなると日本はもとより、世界でも類を見ない。このコンサートを見逃しては、2009年の音楽シーンは語れない!

【公演情報】
09/5/20(水) ザ・シンフォニーホール (大阪府)
一般発売:11/28(金)

09/5/22(金) 東京オペラシティコンサートホール (東京都)
09/5/25(月)、09/5/27(水) サントリーホール 大ホール (東京都)
一般発売:11/28(金)
東京公演は座席選択ができます!
>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!

★e+MOVIE「名器ストラディヴァリウスが放つ“魔力” その音色をご体験ください!」


2008-11-05 19:30 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。