林真理子さんと三枝成彰さんのトークショーの模様をお届け!ロッシーニ・オペラ・フェスティバル2008 日本公演 いよいよ開幕![公演情報]
rof_talkshow.jpg

多くのオペラ通が本場ペーザロに集まる「ロッシーニ・オペラ・フェスティバル」の初来日公演がいよいよ開幕する。
(11月15日(土)〜びわ湖ホール(滋賀県)にて、11月18日(火)〜Bunkamura オーチャードホール)

これに先駆けて先日、東京・Bunkamura オーチャードホールにて作家・林真理子と作曲家・三枝成彰の二人による特別トークイベントが開催された。
『VIVA!オペラ』と題されただけに、会場には多くのオペラファンが集まった。オペラ好きで知られる林真理子さんは、三枝さんと一緒にオペラを観にいったり、オペラについて語り合う程の“オペラ仲間”。
このお二人からは、「今回のフェスティバルで上演される『オテッロ』『マホメット2世』はいずれも上演される機会が稀有な作品。今回を見逃したら、一生出会えないほど貴重。このような作品が観られるのは、日本のオペラファンの目が肥えてきた証拠では」などの熱いコメントが次々と飛び出した。

多くのオペラ作品を手がける三枝成彰さんは、ペーザロで『ロッシーニ・オペラ・フェスティバル』を観に行った時の感動を語った。「とにかくロッシーニの音楽・オペラは楽しいものばかり。」「オペラは生の舞台をたくさん観る事で、10年に1作品くらい感動がとまらない作品に出会えることができる。今回の2作品は、見逃したら大変。生きているうちに再度お目にかかるのが難しいくらい、貴重な上演なのですから、観ないと後悔します」

【公演情報】
11/15(土)、11/16(日) 滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 大ホール (滋賀県)
11/18(火)〜11/23(日・祝) Bunkamura オーチャードホール (東京都)

>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!

★ロッシーニ・オペラフェスティバル特集ページはこちら!


2008-11-10 18:53 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。