ドイツの精鋭たちによる、現代的なドイツ・オーストリア音楽 インゴ・メッツマッハー指揮/ベルリン・ドイツ交響楽団[公演情報]


スピードと華麗さを売り物にする世界最高のオーケストラ、ベルリン・フィルをポルシェに喩えるなら、 ベルリン・ドイツ交響楽団は、機能的で現代的なBMWだ。ケント・ナガノとともにたびたび来日し熱演を 披露してきたベルリン・ドイツ交響楽団が新しく迎えたドイツ人シェフ、インゴ・メッツマッハーとともに、 得意のドイツ・オーストリア音楽ばかりをひっさげ再来日する。

 マーラーの《亡き子をしのぶ歌》を歌うバリトンのマティアス・ゲルネは、20世紀最高のバリトン歌手、 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウに続く歌手となるであろう 、現代を代表する重要なリート歌手のひとり。 その深い芸術性は世界中の賞賛を集めており、ザルツブルク音楽祭をはじめ世界中の音楽シーンに欠かせない存在となっている。 日本にもたびたび来日しているが、2004年のサイトウ・キネン・フェスティバル松本での小澤征爾指揮のオペラ《ヴォツェック》、 一昨年のシューベルト三大歌曲の夕べで強烈な印象を残していったのは記憶に新しい。

 メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を演奏するクリスティアン・テツラフもまた、ドイツの誇る名ヴァイオリニストのひとりだ。その繊細な感性と風格を備えた知的な演奏から、「21世紀を担う大器」と謳われ、彼もまた今や世界の音楽シーンに欠かせない存在となっている。  ドイツ人指揮者に率いられたドイツのオーケストラが、ドイツの誇る精鋭たちと奏でる真のドイツ・オーストリア音楽の調べに耳を傾けたい。  なお、本公演はチャリティーコンサートとして実施され、純収益は「財団法人がんの子供を守る会」を通じて、ゴールドリボン推進活動に寄付される。

【e+だけの特別企画!】「ベルリン・ドイツ交響楽団」 限定CDプレゼントキャンペーン決定!!
真のドイツ・オケの深遠な響きをお楽しみください!!

この度、イープラスでは3/3(火)までチケットをご購入頂いたお客様の中から、 抽選で10名様にベルリン・ドイツ交響楽団の限定CDをプレゼントいたします。



演奏曲目はベートーヴェン、交響曲第五番。貴重な自主制作版のCDとなります。 この機会にぜひお楽しみください。
*3/3(火)までお客様すべてが対象となります。

>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!


2009-02-20 22:06 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。