世界中が注目するダニエレ・ガッティ指揮≪ミラノ・スカラ座>>[公演情報]
「スカラ座に音楽監督が必要だとするなら、ここにその音楽監督がいる」。こう『イル・ソーレ24オーレ』紙に評されたのは、 昨年12月にオープニング公演の『ドン・カルロ』を指揮したダニエレ・ガッティです。

ムーティ退任後のスカラ座において、「次期音楽監督は?」という話題は常に世界中のオペラ関係者、 そしてファンの一大関心事にちがいありませんが、いま、ガッティの名は “候補者リスト”の最上位に挙がったといえるのではないでしょうか。 ガッティはこれまでにもスカラ座で『ローエングリン』『ヴォツェック』で成功を収めてきましたが、この『ドン・カルロ』はスカラ座にとって 特別な作曲家であるヴェルディの作品。このオペラでガッティが高い評価を得たという点で、これまで以上に重要な意味があります。

  ガッティは現在、ロイヤル・フィルとフランス国立管弦楽団の二つのオーケストラの音楽監督を務めていますが、それ以外でも世界の歌劇場、 オーケストラで引く手あまたの活躍をみせています。昨年はバイロイト音楽祭へのデビューを果たし、さらに今夏にはバイエルン国立歌劇場へのデビューも注目 されています。かつて、“若手”指揮者ガッティは、“第二のアッバード”と称されたことがありましたが、いまや彼は、“第一のガッティ”として、世界に認 められる存在となっているのです。



  1961年ミラノ生まれ。ヴェルディ音楽院で学び、27歳の若さでスカラ座デビューを果たしたガッティは、いままさにミラノの、そしてヴェルディの申し子として、スカラ座のオーケストラと合唱団とともに〈ヴェルディ・プロ〉を聴かせてくれるのです。『ナブッコ』の「行け、わが思いよ、金色の翼に乗って」や『アイーダ』の「エジプトの栄光」、『マクベス』の「しいげられた祖国よ」など、オーケストラの輝かしい響きはもとより、 スカラ座の合唱団の圧倒的なパワーが炸裂する本演奏会は、ヴェルディの音楽の真髄を聴かせてくれるのはもとより、スカラ座の次期音楽監督決定を予感させる 記念すべき一夜となるかもしれません。たった一度の本公演をお聞き逃しなく!

>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!


2009-04-21 13:49 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。