「のだめオーケストラ」が、映画とともにやってくる!!映画公開記念 のだめオーケストラコンサート 〜最終楽章〜[公演情報]

ドラマ『のだめカンタービレ』から生まれ、ドラマで使われたクラシック音楽の数々をお届けしてきた「のだめオーケストラ」。今年は、12月公開予定の映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』公開を記念し、それに先駆け、映画の映像(一部)も上映予定! さらに驚きのスペシャルゲストの登場も!?

  ピアノの才能を持ちながら部屋の片づけもできない音大生「のだめ」こと野田恵と、指揮者を目指す千秋真一。それぞれの音楽に懸ける青春を描く、二ノ宮知子原作『のだめカンタービレ』。これまで単行本21巻、累計2800万部を発行し、平均視聴率18.85%、最高視聴率21.7%を記録したドラマは、「のだめオーケストラ」の人気と相まって一躍、クラシック音楽の火付け役となりました。

  「のだめオーケストラ」は、原作に登場する“Sオケ”の“若い感性、個性的な音楽性、キャラクター、そして誰よりも音楽を愛する心を有する”という気分そのままに、あの「ナビスコ」CMでも話題のヴァイオリニスト宮本笑里をはじめ、東京都交響楽団の推薦メンバーら160名余の若い音楽家たちが参加、ドラマ出演だけでなく、録音、コンサートと、幅広く活動を繰りひろげています。

  フジテレビ随一のクラシック音楽ファンで、その軽妙な語り口が人気のアナウンサー、軽部真一の楽しいおしゃべりを織り交ぜながらお贈りする今回のコンサートでは、チャイコフスキー序曲《1812年》、ラヴェル《ボレロ》、ベートーヴェン交響曲第7番、ガーシュウィン《ラプソディ・イン・ブルー》ほか、誰もが聴いたことのある曲ばかりを演奏。しかも、のだめと千秋の音楽的な成長、そして二人の恋の行方を中心に進む、ドラマの続編となる映画の映像も一部上映されます。はたして、二人の恋のフィナーレはどういう結末を迎えるのか? 驚きのスペシャルゲストも登場!? ということで、いまからコンサートが待ち遠しいですね。


★追加公演決定!!
10/30(金)19:00開演 東京国際フォーラム ホールA

イープラス先行:「プレオーダー受付」急遽実施!
>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!



2009-08-27 19:49 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。