西本智実 with ラトビア国立交響楽団[公演情報]

  西本智実が、今、日本でもっとも注目される指揮者のひとりであることは間違いない。国内外の名だたるオーケストラを指揮し、どのコンサート会場も満員にする手腕は並大抵のものではないが、西本の最大の功績は、これまでクラシックに見向きもしなかった人々をクラシックファンにしてしまったことである。その演奏を聴いた人たちは、みな、「西本さんの心が伝わってくる」というが、西本が、こむずかしい理屈を越えて、音楽の本質をダイレクトに伝えることのできる指揮者であることを物語っている。

 そんな西本智実が2010年の幕開けに行う全国ツアーは、80年以上の歴史を誇る東欧の名門オーケストラ、ラトビア国立交響楽団と行われる。ラトビア国立交響楽団は、バルト3国のひとつラトビアの首都リガ(リヒャルト・ワーグナーが劇場指揮者を務めていたことでも有名)を本拠地とするオーケストラで、創設は1926年。創設当時はわずか14名の団員しかいなかったというが、現在では100名の団員を数え、年間60本あまりの公演を精力的に行う。2003年にラトビア出身のチェリスト、ミッシャ・マイスキーと行った来日公演は記憶に新しい。

 ロシアをそのキャリアの出発点に選んだ西本智実の音楽が、東欧のオーケストラとすこぶる相性がいいことは当然といえるが、こうした、日本ではそれほど知られていなかったオーケストラの音色を積極的に紹介してきたのも、彼女の功績のひとつ。今回のラトビア響からも、きっと伝統的な東欧の響きの世界を引き出してくれるに違いない。プログラムの聴きどころは、チャイコフスキーの交響曲第4番とブラームスの交響曲第4番という2つのシンフォニー。チャイコフスキーの第4番は「運命と戦いそれに勝利する」というプログラムをもち、濃密でドラマティックな音楽が展開していく。一方、ブラームスの第4番は、音楽の本質的な「美」が人の心の奥底をゆさぶる作品。西本のダイナミックで起伏に富んだ指揮棒から、どのような表現が紡ぎ出されるのか、とても楽しみだ。


室田尚子(音楽評論家)


西本智実(指揮)Tomomi Nishimoto


1994年大阪音楽大学作曲学科作曲専攻卒業。1996年ロシア国立サンクトペテルブルク音楽院オペラ・シンフォニー指揮科に留学。文化庁芸術インターンシップ奨学金研修生他、受賞多数。2002年ロシア・ボリショイ交響楽団ミレニウムの首席指揮者に就任し(〜2004年)以降、チャイコフスキー記念財団ロシア交響楽団(RSO)芸術監督・首席指揮者(2004〜2007年)、ムソルグスキー記念サンクトペテルブルク国立アカデミックオペラ・バレエ劇場首席客演指揮者(2004〜2006年)に相次いで就任するなどロシアでの指揮者としての地歩を固めた。「第52回スプリット夏の音楽祭」「第57回ドゥブロヴニク夏の音楽祭」ではロシア響(RSO)と共に招聘されている。オペラ指揮者としても評価が高く、ムソルグスキー記念サンクトペテルブルク国立アカデミックオペラ・バレエ劇場首席客演指揮者に就任後、ハンガリー国立歌劇場、プラハ国立歌劇場とも成功をおさめる。2007年オーストリア(リンツ)ブルックナー管弦楽団定期演奏会の成功はヨーロッパでの活躍の第一歩となり、モンテカルロフィル、ブダペストフィルではシーズンオープニングの定期公演を成功させ、2009年には英国ロイヤルフィルを指揮予定。2007年よりダボス会議を主催する世界経済フォーラムのヤンググローバルリーダーを務めている。

ラトビア国立交響楽団 Latvian National Symphony Orchestra




1926年創設。ラトビアの首都リガを拠点としている。現在の団員の多くが、ギドン・クレーメルやミッシャ・マイスキー等の世界的音楽家も学んだリガのエミルス・ダルツィンス音楽学校出身である。現在は100人で構成され、年間60本のコンサートを行っている。客員指揮者にはイーゴリ・ストラヴィンスキー、アルヴィド・ヤンソンス、マリス・ヤンソンス、ネーメ・ヤルヴィ、クルト・マズア、クシシュトフ・ペンデレツキ、ユーリ・シモノフなどがいる。また、ソリストとしてムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ミッシャ・マイスキー、ダヴィッド・オイストラフ、ギドン・クレーメル、ワディム・レーピンなどと共演している。


◆西本智実 with ラトビア国立交響楽団
 
・2010/1/19(火) サントリーホール 大ホール(東京都)
・2010/1/20(水) 秋田県民会館(秋田県)
・2010/1/21(木) 福島県文化センター 大ホール(福島県)
・2010/1/22(金) 群馬音楽センター(群馬県)
・2010/1/23(土) 京都コンサートホール 大ホール(京都府)
・2010/1/24(日) サンポート高松 大ホール(香川県)
・2010/1/26(火) 広島厚生年金会館(広島県)

>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!

※ヴァイオリニストのサーシャ・ロジェストヴェンスキーが急病のため、パヴェル・シュポルツルに変更になりました。曲目の変更はございません。また、ヴァイオリニスト変更による払戻しはございません。何卒、ご了承ください

ウォニー・ソン(ピアノ) Wonny Song


ワシントンポスト紙は「多才で、知性に溢れ、さらに音楽性にも富む若手ピアニストだ。彼のケネディ・センターでの演奏は今シーズンで最も素晴らしいものの一つ」と称している。韓国生まれのカナダ・モントリオール育ち。8歳からピアノを始め、2000年ミネソタ大学でエリノア・ベル奨学金を獲得、リディア・アルティミウに師事し博士号を取得。1997年ルドミラ・ネスコヴァ=ハッシー国際ピアノコンクールで優勝など頭角を現し、2005年YCA国際オーディションで優勝。その後、カーネギーホールにてデビューリサイタルを開催し、ワシントンDCのケネディ・センターでも演奏。これまでにシンシナティ交響楽団、モントリオール管弦楽団、トロント交響楽団、シカゴ交響楽団などと共演している。

◆西本智実 with ラトビア国立交響楽団
  ピアノ:ウォニー・ソン

・2010/1/27(水) 岡山シンフォニーホール 大ホール(岡山県)
・2010/1/28(木) ひめぎんホール(愛媛県県民文化会館)
             メインホール(愛媛県)
・2010/1/29(金) ザ・シンフォニーホール(大阪府)
・2010/1/30(土) 愛知県芸術劇場 コンサートホール(愛知県)
・2010/1/31(日) 東京オペラシティ コンサートホール(東京都)

>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!



2009-09-03 18:08 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。