奇跡の音楽祭が姉妹都市・ナントから新潟に上陸!!ラ・フォル・ジュルネ新潟「ショパンとバロック」[公演情報]

フランス発、日本で進化し続ける奇跡の音楽祭

 ラ・フォル・ジュルネ(LFJ)は1995年、フランスの港町ナントにて誕生。アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタンが創出したのは、まさにこの世でもっとも驚きに満ちたクラシックの宝石箱。
その勢いはフランス国外にも拡がり、2005年には東京、2008年には金沢に上陸し、そして、ショパン誕生200年の記念すべきメモリアルイヤーの今年、ついにナントの姉妹都市新潟への上陸が決定。さらに魅力たっぷりの熱狂的なクラシック音楽祭に進化する。


世界中から一流アーティストが集い、朝から晩までコンサートを楽しむ「音楽祭」

★1公演約45分で、いくつものプログラムをハシゴできる!
★一流の演奏が低料金で楽しめる!
★無料公演や花絵イベントなどもご家族と一緒に楽しめる!
★まち全体音楽であふれた「お祭り」ムード一色に!

>4月30日(金) 公演スケジュールはこちら

>5月1日(土) 公演スケジュールはこちら


ラ・フォル・ジュルネ新潟の開催に寄せて

 昨年新潟を訪れ、街のエスプリがとても気に入りました。港湾都市で、海にとても近いことなど、ナントのエスプリに近いものを感じました。
 市内のあちこちを巡りましたが、伝統的な家庭には感銘を受けました。同時に、コンサートが予定されている新しい地域もとても気に入りました。またホールの音楽環境は抜群でした。この街でこそ、“ショパンとバロック音楽の演奏家たち”或いは“ショパン、バッハ、ヘンデル”というテーマで、ラ・フォル・ジュルネの初回を飾ったら、とても興味深いものになるだろうと想像したのです。
 新潟のラ・フォル・ジュルネは、ショパンが音楽的愛情を注いだ対象を眺め渡せるようになっています。バロックとロマン派の名演奏家たちを招いて、ショパンの生涯200周年をともに祝いたいと思います。新潟の皆様を私がプログラムした「音楽の豊かさを発見する冒険の旅」にお誘いしたいと思います。家族みんなでいらっしゃってください。バッハ、ヘンデル、そしてショパンの偉大な作品に心を動かされることでしょう。
 毎年、新潟で音楽の大きな感動を分かち合えるよう、再会を願って止みません。

アーティスティックディレクター ルネ・マルタン

>4月30日(金) 公演スケジュールはこちら

>5月1日(土) 公演スケジュールはこちら

東京公演はこちら
>ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010「ショパンの宇宙」




2010-03-11 11:30 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。