ハーディング・新日本フィル チャリティーコンサート ―3.11 東日本大震災、明日への希望をこめて― 開催決定![公演情報]

 新日本フィルMusic Partner of NJPダニエル・ハーディング指揮によるチャリティ・コンサートを開催することが決定いたしました。

 3月11日14:46に起こった東北地方太平洋沖地震。自身も東京で震度5を体験し、その後も津波や原発事故の報道をリアルタイムで目の当たりにしたダニエル・ハーディングは、外国人の早期離日が相次ぐなか最後まで演奏会の開催を希望し滞在を続けました。そしてやむを得ず公演中止となり日本を後にする際、「6月の来日では必ず3月に来られなかったお客様のために、そして災害に遭われた方のためのコンサートを」と話しました。今回の公演はこうしたハーディング本人の強い希望により実現したものです。

ハーディング・新日本フィル チャリティーコンサート
―3.11 東日本大震災、明日への希望をこめて―

日時:2011年6月20日(月)19:15開演
会場:すみだトリフォニーホール
指揮:ダニエル・ハーディング(新日本フィルMusic Partner of NJP)
曲目:マーラー作曲 交響曲第5番 嬰ハ短調

本公演のチケットは5/7(土)10:00〜一斉一般発売開始。
イープラスではお好きなお席をお選びいただける【座席選択】での発売です。


ダニエル・ハーディングより今回の公演に関してコメントが届きました。

Music Partner of NJP ダニエル・ハーディングよりメッセージ

3月11日の午後、新日本フィルとのマーラー交響曲第5番のゲネプロへ向かうために、私は都内を車で移動中でした。その日の午後、そしてその後の数日間に起きたことは、まさにこの日を境にして、私の音楽に対する考え方を、永遠に大きく深めていくことになるでしょう。

私たちと同様にその日の出来事に当惑しショックを受けながらも、当日会場にお越しになった僅かなお客様のために、私たちはその晩、すみだトリフォニーホールで演奏しました。その日は私にとって「Music Partner of NJP」として最初の、まさにこの瞬間を待ち望んでいた演奏会だったのです。しかしながら事態は一転し、悲劇と悲しみによって形を変えてしまったのです。地震当日、そしてその後に続いた日々に日本にいた私たちは、身をもって経験したことや東北地方から伝えられる悲惨な有り様を決して忘れることはないでしょう。

私は過去13年以上もの間、多くの時間を日本で過ごすことができるという幸運に恵まれました。その間に私は日本という国が大好きになり、日本の人々に対して大きな尊敬の念と温かさを感じるようになりました。3月11日に私が日本に滞在していたこと、そして地震や津波によって甚大な被害を受けたにもかかわらず、人々の威厳と勇敢さを目の当たりにしたことは私の心に深く刻まれました。それから5日後に私は日本を発つことになりましたが、日本を離れる際にいつも感じる寂しさを今回はより一層強く感じたのです。まさに後ろ髪を引かれる思いでした。

私たちの地球は生きています。このような悲劇や悲しみをもたらす地質学的活動がなければ、地球上に生命は存在しません。これは退屈でつまらない矛盾で、ずたずたに傷つけられた人々に何の安らぎももたらしません。人間が作り出した偉大な創造物の中で、恐らく音楽はそうした苦しみの大きさや背景を理解することの助けになります。また音楽は私たちを癒してもくれるのです。

未曾有の災害でした。日本の方々が復興に立ち向かう類まれで超人的な献身さや努力を世界中の人々が見ています。その作業に没頭し犠牲を厭わない姿勢に、世界はまさに感動し驚愕しているのです。日本が以前にも増して強靭でより偉大に復興することに疑問の念を抱く者は一人もいません。音楽家として、美しく示唆に富む音楽を通じて、人々に幸福と感動、生きる力と勇気を与えられることができればと思います。

このチャリティー演奏会においてマーラー5番を演奏できることは私にとってこれ以上ないことです。この作品は愛、悲劇、生命と死を描いた壮大な物語です。この交響曲を指揮することは私にとっていつも特別ですが、特に今回は、震災で亡くなられた方々、愛する人を失った方々、住む場所や生きる力を失った全ての方々に全身全霊を込めて捧げたいと思います。

後に、このチャリティー演奏会の実現に向けてご尽力頂いた新日本フィル及び関係者の皆様に、この場を借りて心から御礼申し上げます。


Original Message From Daniel Harding

On the afternoon of March 11 I was in a car driving across Tokyo for a general rehearsal of Mahler's 5th Symphony with the New Japan Philharmonic. What happened that afternoon, and in the subsequent days, will colour the way I think of this music for ever.

That evening we played a concert together in Sumida Triphony Hall for a tiny audience of those who had made their way to the concert hall, as bewildered and shocked by the events of the day as we were. This was my first concert as Music Partner of NJP. A concert we had all been looking forward to for a long time, a moment for celebration. However, as it turned out, it was a moment touched by unimaginable tragedy and sadness. None of us who were in Japan on that day, and in the following week, will ever forget what we experienced and the horrendous news and images coming to us from the Tohoku region.

I have had the privilege of spending much time in Japan over the last 13 years. Yours is a country I have come to love very deeply and I feel an enormous respect and warmth for the Japanese people. For me to be in Tokyo on March the 11th, and to experience the dignity and bravery of those so deeply affected by the earthquake and tsunami, was a humbling and touching experience. It was with a heavy heart that I left for Europe 5 days later. In the past I have often missed Japan after departing, this time the feeling was more intense.

Our planet is alive. Without the geological activity that causes such tragedy and suffering there would be no life on Earth. This is a mind-numbing paradox and can bring no comfort to those whose lives have been ripped apart. Maybe music, amongst the many great achievements of mankind, can help us to try to comprehend the magnitude and the context of such suffering. Maybe music can also help us, in the smallest way, to begin to heal.

This has been a disaster of unprecedented scale. All over the world now people look to Japan and the extraordinary, almost superhuman, dedication and effort of the Japanese people to rebuild. We are all moved and inspired by this devotion and sacrifice. There is no doubt in any of our minds that Japan will recover even stronger and even greater than before.
As musicians we can try to provide those in need with happiness, emotion, vitality and courage through beautiful and thought-provoking music.

It seems absolutely appropriate to me to play Mahler's 5th on the occasion of this charity concert. It is a great discourse and meditation on Love, Tragedy, Life and Death. In this concert, and indeed every time I again have the privilege of conducting this symphony, I would like to dedicate it to those who lost their lives, their loved ones, their homes or their livelihoods during those days in March.

I would also like to express my deep thanks and gratitude to the organisers of this charity concert and also to the NJP for all of their understanding and gracious cooperation, without which this concert would not have been possible.

Daniel Harding




2011-04-25 18:12 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。