新国立劇場2012/2013シーズン バレエ公演セット券[公演情報]

 バレエに興味はあるけど、何を観るのがいいかわからない。そんな方にお勧めするのが、新国立劇場のシーズン・セット券です。
世界最高水準の舞台を一般発売にさきがけ優先的に、しかも、お得な料金で、多岐にわたるセットのなかからライフスタイルにあわせて選べるのが魅力です。

※バレエ公演セット券は受付期間が終了いたしました。

>> オペラ公演セット券はこちら

 新国立劇場は、海外の第一線で活躍する歌手やダンサー、スタッフが集結し、世界水準の舞台を提供し続けている、日本が世界に誇るオペラハウス。豊富で多彩な演目も魅力で、2012-13シーズンには、バレエ6演目が予定されています。

【2012年】
▼10月・11月 [新制作] シルヴィア
▼12月 シンデレラ

【2013年】
▼1月 [新制作] ダイナミック ダンス!
▼2月 ジゼル
▼4月・5月 ペンギンカフェ
【関連記事】ペンギン・カフェ 来日公演決定!

▼6月 ドンキホーテ

▼新国立劇場のご案内


[新制作] シルヴィア

D.ビントレーの振付による新制作バレエ!

 2012/2013シーズンはビントレー芸術監督による新制作の全幕バレエで開幕!恋愛不信の若い恋人たちと長い結婚生活で互いへの情熱を失ってしまった夫婦が、時空を超えた冒険を通して再び愛を確かめ合うロマンティック・コメディーです。『シルヴィア』はアシュトン版などが有名ですが、1992年に英国バーミンガム・ロイヤル・バレエで初演されたビントレー版では、主役シルヴィア役は当時同団に在籍していた吉田都に振り付けられ、彼女の比類ないテクニックゆえに高度な技術を要する大役となりました。シルヴィア以外にも女神ディアナや女神に仕えるニンフたちなど女性ダンサーが大活躍。音楽は『コッペリア』で知られるレオ・ドリーブ、美術・照明は『アラジン』を制作したS.ブレインとM.ジョナサンが担当します。日本初演のビントレー版『シルヴィア』は必見です!

▲上に戻る

シンデレラ

クリスマスの決定版!
幸せな夢の余韻に浸る極上のバレエ

 『くるみ割り人形』とともに新国立劇場バレエ団のクリスマス定番演目として愛され続けている作品。アシュトン振付によるこの作品は、現在も『シンデレラ』の「定番」として英国ロイヤル・バレエを始め、世界中の数多くのバレエ団によって上演されています。日本では唯一、新国立劇場バレエ団だけが持つ貴重なレパートリーです。プロコフィエフによる音楽は、色鮮やかなメロディーとリズム感にあふれ、本作の大きな魅力の一つとなっています。豊かな四季を奏でる音楽とそれを踊る春夏秋冬の妖精たち、12時を打つ時計にシンデレラの魔法がとける瞬間の驚くような仕掛け、それに意地悪な姉妹が見せる愉快なマイムの数々。クリスマスには『シンデレラ』で幸せな夢の余韻に浸るひと時をお過ごしください。

▲上に戻る

[新制作] ダイナミック ダンス!

「幻のトリプル・ビル」、満を持して復活!

 未曽有の大災害となった東日本大震災のため公演中止を余儀なくされた「幻のトリプル・ビル(三作品)」が満を持して復活です!本演目のリハーサル中に震災を体験したビントレーと新国立劇場バレエ団による、復興への祈りと明日へのエネルギーを込めたプログラムです。バランシンによる美しい「コンチェルト・バロッコ」、ビントレーがデイヴ・ブルーベック・カルテットの名曲に振り付けをした「テイク・ファイヴ」、そして、アメリカのバレエ/モダンダンス界を代表する振付家トワイラ・サープの最高傑作「イン・ジ・アッパー・ルーム」を上演します。バッハのヴァイオリン協奏曲から、ジャズ、そしてフィリップ・グラスのミニマル音楽まで、多彩な音楽に振り付けられたバレエをお楽しみください。

▲上に戻る

ジゼル

ロマンティック・バレエの不朽の名作、
7年ぶりの再演!

 世界中のバレエ団で継承される19世紀ロマンティック・バレエ不朽の名作です。新国立劇場バレエ団では創立の翌年となる1998年に、キーロフ・バレエのセルゲーエフ版を上演。以降、人気レパートリー作品として再演を重ねてきました。恋人の裏切りを知って狂死した村娘のジゼルが、死後に妖精ウィリとなって恋人の前に現れる、後期ロマン主義の色濃い物語です。恋人の裏切りを知ったジゼルが死に至るまで錯乱する場面のほか、主役を演じる女性ダンサーの幅広い表現力と、主役アルベルトをはじめ男性ソリストの高い技術力が試されるため、進境著しい新国立劇場バレエ団のダンサーたちによる上演が楽しみな演目です。

▲上に戻る

ペンギンカフェ

あの「ペンギン・カフェ」が帰って くる!
バレエファン必見のトリプル・ビル

 あの「ペンギン・カフェ」が帰ってくる!ビントレーの代表作であり、芸術監督就任1年目の開幕作品として上演された本作品では、絶滅の危機に瀕した動物と人間たちが、地球上から姿を消したペンギンの祖先「グレート・オーク」とともに、それぞれのダンスを繰り広げていきます。 可愛らしい動物の仮面を被って踊るダンサーたちやポップで心地よい音楽の根底には痛烈な文明批判と現代の環境問題にも通じるメッセージが含まれており、初演時に熱い喝采を浴びました。併せて、色彩豊かな音楽にあわせて次々と踊りが披露され、フィナーレでは総勢50名におよぶ新国立劇場バレエ団のダンサーが一堂に踊る圧巻の「シンフォニー・イン・C」と、新国立劇場バレエ団では初めての上演となるビントレー「E=mc2」を上演します。

【ヨーガクブログ】ペンギン・カフェ 来日公演決定!詳しくはこちら!

▲上に戻る

ドンキホーテ

スペインの息吹と高度な踊り、
活気に溢れた古典バレエ!

 床屋のバジルと町娘キトリの恋物語が、様々なエピソードと踊りに彩られて、陽気に賑わうバルセロナの町に繰り広げられる、楽しさと活気にあふれた古典バレエです。闘牛士や町の女たちによるスペイン舞踊、風車のエピソード、ドン・キホーテの夢の中で繰り広げられる美しい群舞、そして最終幕の恋人たちによるグラン・パ・ド・ドゥまで、古典バレエの美しさとヴァラエティに富んだ陽気で楽しい踊りの数々を堪能できる作品です。この庶民的で力強さに溢れるレパートリーでは、充実した陣容を誇る新国立劇場バレエ団のソリスト達と定評あるコール・ド・バレエが美しく明るい舞台を見せてくれることでしょう。

▲上に戻る

初日限定のシーズン通し券「プルミエセット」

 バレエ公演のシーズン通し券「プルミエセット」では、各公演を初日限定でお楽しみいただくことができます。
ファーストキャストで楽しむ初日の贅沢。幕あけの感動をご堪能ください!
※中劇場公演『ダイナミック ダンス!』はお好きな公演日が選択できます。
※学校団体・大口団体が入る場合がございます。
※表記の出演者等は2012年2月現在の予定です。やむを得ない事情により出演者等が変更になる場合がございます。

▲上に戻る

新国立劇場のご案内

【エントランス】
お客さまをお迎えするエントランス。心ときめく、観劇のひとときへ・・・

【オペラパレス】
 オペラパレスは、客席から見える主舞台のほかに、奥と左右にそれぞれ主舞台と同じスペースをもつ日本国内初の四面舞台のオペラ・バレエ専用劇場です。
ダイナミックな場面転換もスムーズで、本格的なグランドオペラの上演も可能となり、常設のオーケストラピットもフル編成の120人の演奏ができる広さ!
まさにオペラのために生まれた劇場!!

【ブッフェ】

各劇場内にある、軽食とドリンクが楽しめるブッフェ。
豊富なメニューの数々が休憩時間を優雅に彩ります。
※写真右:オペラ「椿姫」限定 チョコレートピンクスパークリング

【ショップ】
1階メインエントランスの〈シアターショップ〉では、公演プログラムのバックナンバーや舞台写真(オペラ、バレエ)などを販売中。

【託児室<キッズルーム「ドレミ」>】
新国立劇場主催公演をご観劇のお客様には託児サービスがご利用可能です。


※バレエ公演セット券は受付期間が終了いたしました。

>> オペラ公演セット券はこちら



2012-03-14 13:34 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。