『ウィーン国立歌劇場』総裁に就任したドミニク・マイヤーが日本公演について語った![インタビュー]

 2010年9月にウィーン国立歌劇場総裁に就任したドミニク・マイヤーが来日し、今秋の同歌劇場日本公演について語った。マイヤーは、パリ・オペラ座総監督、ローザンヌ歌劇場総監督、シャンゼリゼ劇場総支配人などを歴任したアート・マネージメントのエキスパート。

■各公演のチケット申し込みはこちら
>>「サロメ」全1幕
>>「フィガロの結婚」全4幕
>>「アンナ・ボレーナ」全2幕


 ウィーン国立歌劇場では、年間約300公演を行い、内訳は、オペラが約250公演、バレエが約50公演です。そのほか、スター歌手の歌曲の夕べ、専属のアンサンブル歌手のマチネ・コンサート、オーケストラのメンバーの室内楽シリーズなども行っています。

 ウィーン国立歌劇場の日本公演は1980年以来8回目であり、我々にとっても伝統のようなものになっています。ウィーン国立歌劇場が世界の他のオペラハウスと比べて特に誇れるのは、オーケストラの素晴らしさです。オーケストラ・ピットにはウィーン・フィルが入ります(ピットでは『ウィーン国立歌劇場管弦楽団』と呼ばれますが)。

 今回の来日公演で《サロメ》を取り上げるのも、オーケストラが最も得意としている演目だからです。オーケストラは、リハーサルなしでも弾けるほど、このオペラを愛しています。もちろん音楽監督であるフランツ・ヴェルザー=メストも《サロメ》を希望しました。彼はリヒャルト・シュトラウスのスペシャリストで、今シーズンは《アラベラ》《影のない女》、来シーズンは《ナクソス島のアリアドネ》(新演出)を指揮します。サロメは、若いグン・ブリット・バークミンが務めます。ヴェルザー=メスト監督が彼女の声を聴き、是非、ということで起用しました。

 《フィガロの結婚》は、ジャン=ピエール・ポネルの伝説的演出で、ペーター・シュナイダー指揮です。伯爵夫人は、このたびオーストリア宮廷歌手の称号を受けたバルバラ・フリットリ。かつてウィーン国立歌劇場のアンサンブルにいたことがあり、今でもウィーンでよく歌ってもらっています。伯爵には、カルロス・アルバレスが戻ってきました。フィガロは、人気の高いアーヴィン・シュロット。スザンナは、ハンガリー出身のまだ27歳のアニタ・ハルティッヒです。2年間我々の歌劇場でモーツァルトの諸役を歌い、ウィーンの聴衆から愛されています。

 ドニゼッティの《アンナ・ボレーナ》は、昨シーズンの新演出で、そのときがウィーン国立歌劇場での初めての上演でした。不思議なことに、こんな傑作が今まで我々の歌劇場で掛かっていなかったのです。アンナは、エディタ・グルヴェローヴァ。彼女が日本でオペラを歌うのは最後かもしれません。3日前、ウィーン国立歌劇場で、彼女は、歌曲の夕べをひらき、スタンディング・オーベーションの大成功を収め、今でも素晴らしいことを示しました。ジョヴァンナはこの役では今最も必要とされているソニア・ガナッシ。グルヴェローヴァとガナッシの共演する《アンナ・ボレーナ》はまだウィーンでも上演されていません。ウィーンのオペラ・ファンが嫉妬することでしょう。

 そのほか、ウィーン国立歌劇場にとって大切な作品である『子どものためのオペラ魔笛』を日本でも上演します。パパゲーノは、我々の歌劇場の日本人歌手、甲斐栄次郎が務めます。

〔文/山田治生〕


公演概要

ウィーン国立歌劇場


▼「サロメ」全1幕
リヒャルト・シュトラウス作曲

10/14(日)〜10/19(金) 東京文化会館大ホール (東京都)

指揮:フランツ・ウェルザー=メスト
演出:ボレスラフ・バルロク
出演(予定):グン=ブリット・バークミン/マルクス・マルカルト/ルドルフ・シャシンク/ヘルベルト・リッペルト/ウィーン国立歌劇場管弦楽団/ウィーン国立歌劇場合唱団

▼「フィガロの結婚」全4幕
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲

10/20(土)〜10/28(日) 神奈川県民ホール 大ホール (神奈川県)

指揮:ペーター・シュナイダー
演出:ジャン=ピエール・ポネル
出演(予定):カルロス・アルバレス/バルバラ・フリットリ/アニタ・ハルティッヒ/アーウィン・シュロット/マルガリータ・グリシュコヴァ/ウィーン国立歌劇場管弦楽団/ウィーン国立歌劇場合唱団

▼「アンナ・ボレーナ」全2幕
ガエターノ・ドニゼッティ作曲

10/27(土)〜11/4(日) 東京文化会館大ホール (東京都)

指揮:エヴェリーノ・ピド
演出:エリック・ジェノヴェーゼ
出演(予定):エディタ・グルベローヴァ/ソニア・ガナッシ/ルカ・ピサローニ/シャルヴァ・ムケリア/エリザベス・クールマン/ウィーン国立歌劇場管弦楽団/ウィーン国立歌劇場合唱団/ウィーン国立歌劇場舞台上オーケストラ



2012-05-11 14:09 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。