俊英から巨匠へ、ラン・ランの新たなる肖像〜[公演情報]

 リサイタルはもちろん、チャリティやジャンルを超えたコラボレーション、最近では、エリザベス女王即位60周年祝賀コンサートに出演するなど、世界を席巻するスーパースター、ラン・ランが、日本で一大フェスティバルを開催! 『ラン・ラン 祭 〜Lang Lang Festival〜』と題して、ヴァイオリンの五嶋龍、チェロの堤剛を迎え、ピアノ三重奏による室内楽公演(1/24)と、ピアノ・リサイタル(1/26)を行う。


 まずは注目のピアノ・リサイタルだが、前半がモーツァルトのソナタ5番、4番、8番、後半がショパンのバラード全曲となっている。ショパンを得意とする、ラン・ランのモーツァルトのピアノ・ソナタ!ロマン派と古典派をどう弾きわけ、一体どのような音色を紡ぎあげるのか、とても興味深い。
 ピアノ・ソナタ第1番〜第6番、いわゆるデュルニッツ・ソナタ集は1775年、モーツァルト19歳という若さでミュンヘンにて全6曲を書きあげられたもの。時代背景としては、チェンバロからピアノへ。モーツアルトは1774年に父とミュンヘンを訪れた時、フォルテピアノと出会い、その優れた楽器の持つ表現力と未知の可能性に対して大きな関心を抱いたのだ。5番は全てソナタ形式だが、終楽章が277小節という規模の大きさであり、4番はソナタ形式の順序を崩しており、モーツアルトのピアノ・ソナタでは珍しい作品だが、変ホ長調の詩的表現の美しさが出ている作品だ。
 8番も珍しく、短調で書かれている(他は第14番のハ短調のみ)。1778年に母を亡くして、その悲しみが反映されている。「のだめモーツァルト」とは一線を画したラン・ランのモーツァルトが聴けそうだ。

 一方のショパンだが、バラードとはフランス語で、物語的作品という語源を持つ作品。1番は4分の6拍子、2番から4番は8分の6拍子で、すべて3拍子系であるところに共通点がある。短調から始まる1番と4番が色々な旋律があり人気だが、2番と3番も主題AからBと単純でありながら静かで平穏な旋律からプレスト・コン・フォーコで暗く激しいものに変わっていくなど飽きさせない。個人的には4番がまとまっていると感じられるが、観衆への目線、腕、指の使い方など、ラン・ランのパフォーマンスも含め楽しみにしたい。

 古典音楽は形式美にあり、ロマン音楽はこれに反し、個性の表現がその理想とされたが、ショパンは他のロマン主義者と異なり一曲のシンフォニーも書かず、全てがピアノ曲に終始したという事で、いかにピアノを愛したか。彼によってピアノ音楽は古典的手法から脱し表現の自由、テンポ・ルバート、ペダルの使用は新しく重要な位置を占めるようになった。個人的な感想だが、ラン・ランのテンポ・ルバートは絶妙なものである――。
また、一方の室内楽も、ヴァイオリンの五嶋 龍、チェロの堤 剛がフェスティバルに華を添える! ピアノ三重奏曲の大作、シューベルトの「第2番 変ホ長調」とチャイコフスキーの「偉大な芸術家の思い出に」がプログラムされた。ともに第二楽章――おそらくはシューベルト室内楽の最高傑作と、ラン・ラン真骨頂のチャイコフスキー――このトリオが創りだす旋律に、幾度となく息を呑むような瞬間、至福とも言えるひと時が過ごせることだろう。 仙台でのコンクールから世界に羽ばたき、その後も日本において素晴らしい演奏を披露してきたラン・ランだからこそのスペシャル・プログラムとなった“ラン・ラン祭”――他では絶対に観られない“アーティスト”ラン・ランに出逢えるはずだ!

〔文/仁志 明良〕

 

公演概要

【ラン・ラン 祭 〜Lang Lang Festival〜 】

▼<室内楽 1/24>
2013/1/24(木) サントリーホール 大ホール (東京都)
<出演>
ピアノ/ラン・ラン
ヴァイオリン/五嶋 龍、チェロ/堤 剛
<曲目・演目>
シューベルト:ピアノ三重奏曲第2番 変ホ長調 D929
チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 op.50 「偉大な芸術家の思い出に」

▼<リサイタル 1/26>
2013/1/26(土) サントリーホール 大ホール (東京都)
<曲目・演目>
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第5番 ト長調 K.283
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第4番 変ホ長調 K.282
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8番 イ短調 K.310
ショパン:バラード第1番 ト短調 op.23
ショパン:バラード第2番 ヘ長調 op.38
ショパン:バラード第3番 変イ長調 op.47
ショパン:バラード第4番 ヘ短調 op.52


【スーパークラシックコンサート2012-2013】
2013/1/16(水)
愛知県芸術劇場コンサートホール (愛知県)

【ピアノ・プロジェクト】
2013/1/22(火)
兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール (兵庫県)
<曲目・演目>
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第5番 K.283
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第4番 K.282
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第8番 K.310
ショパン:バラード 第1番 op.23
ショパン:バラード 第2番 op.38
ショパン:バラード 第3番 op.47
ショパン:バラード 第4番 op.52



2012-09-19 16:28 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。