ラ・フォル・ジュルネびわ湖 「熱狂の日」音楽祭2013![公演情報]

フランス発、日本で進化し続ける奇跡の音楽祭!

 1995年にフランスの港町ナントにて誕生したラ・フォル・ジュルネ(LFJ)は、今までのクラシックの常識を覆した、まったく新しい音楽祭です。アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタンが創り出したのは、驚きに満ちたクラシック音楽の宝石箱。一流の演奏を低料金で聴くことができ、朝から夜までいくつもの会場で繰り広げられるコンサートをはしごできるなど、世界で最もエキサイティングなクラシック音楽祭として注目を集めています。その勢いはフランス国外にも拡がり、2005年に東京、2008年に金沢、そして2010年に新潟とびわ湖に上陸、さらに2011年には鳥栖でも開催しました。
 今年のテーマは「至福の時(L’heure exquise)」〜フランスとスペインの音楽〜です。春の楽しいひと時をぜひびわ湖ホールでお楽しみください!



開催概要

ラ・フォル・ジュルネびわ湖 「熱狂の日」音楽祭2013


【テーマ】
「至福の時(L’heure exquise)」〜フランスとスペインの音楽〜

【日程】
■プレイベント:4月27日(土)
■本公演:4月28日(日)  >4月29日(月・祝)

【会場】
びわ湖ホール
◆JR琵琶湖線「大津」駅より徒歩約20分、バス約7分、「膳所」駅より徒歩約15分 
◆京阪電鉄「石場」駅より徒歩約3分

【無料シャトルバスの運行】
JR大津駅前とびわ湖ホール前の無料シャトルバスを運行します。
詳しくは公式サイトをご覧下さい。


ラ・フォル・ジュルネの魅力

★1公演約45分で、いくつものプログラムをハシゴできる!

★一流の演奏が低料金で楽しめる!

★無料イベント、キッズプログラムも盛り沢山!ご家族全員でまるまる一日楽しめる!

■プレイベント:>>4月27日(土)
■本公演:>>4月28日(日) >>4月29日(月・祝)

▼各地の公演情報はこちら!
東京公演鳥栖公演新潟公演



2013-02-26 13:06 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。