新国立劇場2013/2014シーズン オペラ公演セット券[公演情報]

 オペラに興味はあるけど、何を観るのがいいかわからない。そんな方にお勧めするのが、新国立劇場のシーズン・セット券です。 世界最高水準の舞台を一般発売にさきがけ優先的に、しかも、お得な料金でお好みにあわせて選べるのが魅力です。

>>バレエ公演セット券はこちら

 新国立劇場は、海外の第一線で活躍する歌手や指揮者、スタッフが集結し、世界水準の舞台を提供し続けている、日本が世界に誇るオペラハウス。豊富で多彩な演目も魅力で、2013-14シーズンには、オペラ10演目が予定されています。

【2013年】
▼10月 [新制作] リゴレット
▼10月 フィガロの結婚
▼11月・12月 ホフマン物語

【2014年】
▼1・2月 カルメン
▼1・2月 蝶々夫人
▼3月 [新制作] 死の都
▼4月 ヴォツェック
▼5月 [新制作] カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師
▼5・6月 アラベッラ
▼6月 [創作委嘱作品・世界初演] 鹿鳴館

▼イープラスオリジナルセットのご案内
▼新国立劇場のご案内


[新制作] リゴレット

ヴェルディ【全3幕/イタリア語上演/字幕付】
世界第一線の歌手による火花散る競演!
新国立劇場が贈る21世紀のヴェルディ!

 醜い道化師リゴレット、純真な娘ジルダ、放蕩者マントヴァ公爵を軸に繰り広げられる、愛、呪い、そして復讐のドラマ『リゴレット』。「女心の歌」「慕わしき人の名は」「悪魔め、鬼め!」など数々の名アリア、重唱に溢れ、ヴェルディの中でも高い人気を誇る本作品を、鬼才クリーゲンブルクの演出により新制作上演します。歌手陣には、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場などで活躍するイタリア人バリトンのヴラトーニャ、美貌と美声を兼ね備えたゴルシュノヴァ、09年『椿姫』の好演が記憶に新しいキムなどを迎えました。

▲上に戻る

フィガロの結婚

モーツァルト【全4幕/イタリア語上演/字幕付】
選りすぐりの若手歌手陣に注目!
永遠に輝き続けるモーツァルト不朽の名作。

 200年の時を超えて人々に愛され続ける名作中の名作オペラ。おなじみの軽快な序曲から天才モーツァルトの音楽の魅力に溢れており、「恋とはどんなものかしら」「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」など人気アリアも満載です。ホモキの緻密な演出は、登場人物の人間性を余すところなく生き生きと描き出し、現代に通じる作品の普遍性を浮き彫りにしたプロダクションです。20代の若さでウィーン、ミュンヘン、ロンドンなどで大活躍するモルナールほか魅力的な若手キャストを、名匠シルマーのタクトが導きます。

▲上に戻る

ホフマン物語

オッフェンバック【全5幕/フランス語上演/字幕付】
観るものを夢幻の世界へと誘う、
詩人ホフマンの3つの悲恋物語。

 詩人ホフマンの不思議な恋の遍歴を描いたオッフェンバック唯一のオペラが8年ぶりに登場。華麗なコロラトゥーラによる「人形の歌」、有名な「ホフマンの舟歌」など、洒落た美しい音楽が魅力のフランス・オペラ珠玉の傑作です。アルローの独特な色彩感溢れる舞台は、作品の幻想性を余すところなく描き出しています。タイトルロールは同役で昨年スカラ座にデビューするなど進境著しいチャコン=クルス、悪役4役には名歌手ドスを迎えました。3人の恋人役のソプラノ歌手の華やかな競演も楽しみです。

▲上に戻る

カルメン

ビゼー【全3幕/フランス語上演/字幕付】
スペインを舞台に激しく燃え上がる、
運命の女カルメンとドン・ホセの宿命の愛!

 誰もが耳にしたことがある「ハバネラ」「闘牛士の歌」など数々の名アリアに乗せて繰り広げられる、自由奔放な女カルメンと一途な男ドン・ホセによる愛と死のドラマ。世界中で圧倒的な人気を誇るビゼーの大傑作オペラを、鵜山仁によるスペインの香り漂う正統派の演出でお届けします。カルメン役は、天性の歌声と舞台映えする容姿で世界中のオペラハウスからオファーが殺到している注目のメッゾソプラノ、ケモクリーゼ、ホセ役は甘い声とマスクで聴衆を魅了している若手テノールのリベロです。

▲上に戻る

蝶々夫人

プッチーニ【全2幕/イタリア語上演/字幕付】
一途に愛を貫いた蝶々さんの悲劇を、
数々の感動を生んだ名舞台で。

 アリア「ある晴れた日に」で知られるプッチーニの人気作。栗山民也演出はシンプルながらも美しい舞台で、プッチーニの甘美で劇的な音楽とともに、蝶々さんの一途な愛と悲しみを雄弁に語ります。出演者には、昨年11月ハンブルクで蝶々さん役のロールデビューを果たし、絶賛を博した美貌のソプラノ、ヴルガリドゥ、10年『アンドレア・シェニエ』で強靭な美声を披露したアガフォノフなどを迎えます。指揮は、ウィーン国立歌劇場、バイエルン州立歌劇場などで活躍し、世界的に注目を浴びる女流指揮者のウィルソンです。

▲上に戻る

[新制作] 死の都

コルンゴルト【全3幕/ドイツ語上演/字幕付】
世紀末の退廃薫る、喪失と回復の物語。
濃密な後期ロマン派の傑作。

 ベルギーの古都ブルージュを舞台に、愛妻を亡くした主人公パウルが妻と瓜二つの女性と出会い、倒錯のひと時を過ごす物語を幻想的に描いた『死の都』。20世紀初頭、ウィーンの神童として人気を博するも時代に翻弄されアメリカに亡命、映画音楽で名声を築いたコルンゴルトの代表作がついに登場します。コルンゴルトの音楽は、R.シュトラウス、マーラーを思わせる後期ロマン派の作風で、甘美な旋律と豊潤な管弦楽が魅力。世界中でパウル役を歌っているケールなどキャストも万全、オペラファン必見の公演です。

▲上に戻る

ヴォツェック

ベルク【全3幕/ドイツ語上演/字幕付】
破滅へと突き進むヴォツェックの狂気。
20世紀オペラの金字塔!

 社会の底辺の貧困の中に生きる人々の悲劇を主人公ヴォツェックの視点から描き、大絶賛を博したクリーゲンブルクによる衝撃的なプロダクションが待望の再登場。本作品は世界の歌劇場で人気レパートリーとなっている数少ない20世紀オペラのひとつで、ベルクの音楽は精緻で美しく引き込まれずにいられません。指揮は世界的な名指揮者ノイホルト、タイトルロールは現代オペラに定評があり、昨年バイエルン州立歌劇場でも同役を歌ったニグル、マリー役は新国立劇場で高い人気を誇るツィトコーワです。

▲上に戻る

[新制作] カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師

マスカーニ【全1幕/イタリア語上演/字幕付】
レオンカヴァッロ【全2幕/イタリア語上演/字幕付】
南イタリアの情熱を生々しく伝える愛憎劇。
ヴェリズモ・オペラの二大傑作!

 美しく切ない間奏曲で知られる『カヴァレリア・ルスティカーナ』とテノールの絶唱「衣裳をつけろ」に心掴まれる『道化師』。南イタリアの濃厚な地方色と宗教色を背景に、愛と嫉妬がもたらした悲劇を描いたヴェリズモ・オペラの代表作を、イタリア・オペラの名手パルンボの指揮、パリ・オペラ座、チューリヒ歌劇場などで活躍するデフロの演出により上演します。ミラノ・スカラ座などで人気を博するガルシア、昨年ウィーン国立歌劇場にカニオ役でデビューし大絶賛のポルタら実力派歌手による声の饗宴にご期待ください。

▲上に戻る

アラベッラ

R.シュトラウス【全3幕/ドイツ語上演/字幕付】
R.シュトラウスの煌めく響き!
運命の人との愛を夢見る美しき姉妹の恋物語。

 ウィーンの貴族社会を舞台に、二人の姉妹アラベッラとズデンカの恋模様が、R.シュトラウスならではの甘美で洗練された音楽で描かれた珠玉の名作。300種類もの青で満たされたアルローによる舞台は、目に鮮やかな美しさ。森英恵のエレガントで華麗な衣裳とともに大きな見どころです。オペラにオーケストラに世界で八面六臂の活躍をする指揮者ド・ビリー、ワーグナー作品を中心に欧米の一流歌劇場を席巻するコッホ、11年『こうもり』ロザリンデを好演したガブラーなど豪華な布陣が揃いました。

▲上に戻る

鹿鳴館

池辺 晋一郎【全4幕/日本語上演/字幕付】
華麗なる明治社交界に渦巻く愛憎と謀略。
新国立劇場発の傑作オペラ!

 三島由紀夫の傑作戯曲を池辺晋一郎がその熟練の手腕でドラマティックなオペラに書きあげた『鹿鳴館』。2010年に新国立劇場創作委嘱作品として世界初演され、大評判となったオペラが再び登場します。華やかな鹿鳴館を舞台にした夫婦、親子の愛憎劇。クライマックスとなる第4幕の舞踏会シーンは、息もつかせぬ劇的な音楽と仮面をつけた群衆による不気味なワルツがドラマを盛り上げます。指揮は、国内外で活躍する飯森範親が新国立劇場初登場、今回も日本を代表する歌手陣が勢揃いしました。

▲上に戻る

イープラスオリジナルセットのご案内

オペラ公演では、お好みに合わせて4種のラインナップからセット券をお選びいただけます。

■新制作セット
新制作オペラを集めた、こだわりのセット!
S席:74,790円 A席:59,850円 B席:41,880円

▼新制作セット(A)
 「リゴレット」 2013/10/12(土)14:00
 「死の都」 2014/3/15(土)14:00
 「カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師」 2014/5/21(水)19:00

▼新制作セット(B)
 「リゴレット」 2013/10/16(水)19:00
 「死の都」 2014/3/18(火)19:00
 「カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師」 2014/5/21(水)19:00

■号泣!名作悲劇セット
涙なしには見られない!
オペラ誕生の地イタリアが生んだ悲劇の名作を集めました。
S席:69,810円、A席:54,860円、B席:37,890円

▼号泣!名作悲劇セット
 「リゴレット」 2013/10/16(水)19:00
 「蝶々夫人」 2014/2/5(水)19:00
 「カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師」 2014/5/21(水)19:00

■ラブストーリー堪能セット
詩人ホフマンの悲恋、自由奔放なカルメンと一途なドン・ホセの激しい愛、美しき姉妹のときめく恋模様・・・
舞台も立場も違う、3種類のラブストーリーをお楽しみください!
S席:66,820円、A席:52,860円、B席:35,900円

▼ラブストーリー堪能セット(A)
 「ホフマン物語」 2013/12/7(土)14:00
 「カルメン」 2014/2/1(土)14:00
 「アラベッラ」 2014/5/28(水)18:30

▼ラブストーリー堪能セット(B)
 「ホフマン物語」 2013/11/28(木)18:30
 「カルメン」 2014/1/29(水)18:30
 「アラベッラ」 2014/5/22(木)18:30

■20世紀ドイツオペラセット
近代から現代への世界的転換を生んだ退廃と先鋭を堪能するセットです。
S席:71,800円、A席:57,850円、B席:39,890円

▼20世紀ドイツオペラセット
 「死の都」 2014/3/18(火)19:00
 「ヴォツェック」 2014/4/8(火)19:00
 「アラベッラ」 2014/5/22(木)18:30

▲上に戻る

新国立劇場のご案内

【エントランス】
お客さまをお迎えするエントランス。心ときめく、観劇のひとときへ・・・

【オペラパレス】
オペラパレスは、客席から見える主舞台のほかに、奥と左右にそれぞれ主舞台と同じスペースをもつ日本国内初の四面舞台のオペラ・バレエ専用劇場です。
ダイナミックな場面転換もスムーズで、本格的なグランドオペラの上演も可能となり、常設のオーケストラピットもフル編成の120人の演奏ができる広さ!
まさにオペラのために生まれた劇場!!

【ブッフェ】

各劇場内にある、軽食とドリンクが楽しめるブッフェ。
豊富なメニューの数々が休憩時間を優雅に彩ります。
※写真右:オペラ「椿姫」限定 チョコレートピンクスパークリング

【ショップ】
オペラパレスロビーにて、公演プログラムのバックナンバーや舞台写真(オペラ、バレエ)や関連書籍などを販売中。

【託児室<キッズルーム「ドレミ」>】
新国立劇場主催公演をご観劇のお客様には託児サービスがご利用可能です。(利用可能日をご確認ください)


>>バレエ公演セット券はこちら



2013-03-01 18:49 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。