不朽、不滅のグレン・ミラーオーケストラ、初来日50周年アニバーサリーツアー![公演情報]

【グレン・ミラー(1904年3月1日〜1944年12月15日)】
アメリカのジャズミュージシャン。ベニー・グッドマンと共に“スウィングの王様”と称され、トロンボーンを優雅に吹きこなし、30年代初頭〜40年代前半のジャズシーンに旋風を巻き起こした人物。
優れた作編曲家でもあり「ムーンライト・セレナーデ」や「イン・ザ・ムード」など、誰でも一度は耳にしたことのある名曲を多く残している。
ポップな曲調が売りで、日本でも非常に人気が高く、様々な映画やCMで採用され続けている。

【ザ・グレン・ミラーオーケストラ(1937年〜)】
1937年にグレン・ミラーによって結成。5サックス、4トランペット、4トロンボーン、3リズムという編成は、当時ミラーが最初に作り出したビッグ・バンドの典型的なスタイルで、それにサックス・セクションをクラリネットがリードするという演奏手法も、オリジナルのものである。
グレン・ミラーが亡くなった後も、様々な音楽家がグレン・ミラー楽団を存続させ、今も世界中のファンを楽しませている。日本でも高い人気を誇り、一年に一度はコンサートが開催されている。「ムーン・ライト・セレナーデ」「イン・ザ・ムード」など名曲中の名曲をレパートリーに、踊り(ポーズをとり)ながら演奏するといった、見て楽しめるステージングも心得ていて、まさに、ショーのためのビッグ・バンドである。
[代表曲]
「ムーンライト・セレナーデ」(映画、CM等でも使用)、「イン・ザ・ムード」(映画、CM等でも使用)
「真珠の首飾り」、「オーバー・ザ・レインボー」、「茶色の小瓶」

【ニック・ヒルシャー (ミュージックディレクター&男性ヴォーカリスト) 】
アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ生まれ。1997年度アラバマ大学アーティストピアノ大会で準優勝。
2000年度にはサムフォード大学を音楽学士(ピアノ)で卒業。1998年、大学在学中に、ザ・グレン・ミラー・オーケストラのヴォーカルとして大抜擢されて以来、現在に至までヴォーカリストとして活躍中。
2005年にはトロンボーン奏者のトミー・ドーシーの生誕100周年記念公演に参加。
当時トミー・ドーシー・オーケストラのミュージックディレクターをしていた伝説的トロンボーン奏者のバディー・モローに師事。
彼の助言によりヒルシャーのパフォーマンスと音楽的才能が引き出され、モローが亡くなった後に、ヒルシャーはトミー・ドーシー・オーケストラのミュージックディレクターに就任、その後2012年1月12日からはザ・グレン・ミラー・オーケストラのミュージックディレクターを務めている。

公式サイトはこちら

公演概要

ザ・グレン・ミラーオーケストラ Japan Tour 2014

<公演日程・会場>
2014/9/12(金) 雅叙園(東京)
2014/9/13(土) パルテノン多摩 大ホール (東京都)★
2014/9/15(祝月) 神戸文化ホール(兵庫)★
2014/9/16(火) 岡山市民会館 (岡山県)★
2014/9/17(水) Billboard Live Osaka(大阪)
2014/9/19(金) 那須野が原ハーモニーホール(栃木)
2014/9/20(土) 新潟テルサ(新潟)★
2014/9/21(日) 鎌倉芸術館 大ホール (神奈川県)★
2014/9/22(月) フェスティバルホール(大阪)
2014/9/23(祝火) 徳島市立文化センター(徳島)
2014/9/25(木) 広島上野学園ホール(広島県立文化芸術ホール) (広島県)★
2014/9/26(金) 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール (愛知県)★
2014/9/27(土) 君津市民文化ホール 大ホール(千葉県)★
2014/9/29(月) 北秋田市文化会館(秋田)
2014/10/1(水) 札幌コンサートホールKitara(北海道)
2014/10/2(木) 青森市文化会館(青森)
2014/10/3(金) Bunkamura オーチャードホール (東京都)★
2014/10/5(日) 那覇市民会館(沖縄)
2014/10/10(金) ASUKA CURUISE (飛鳥U/横浜港出発)
2014/10/13(祝月) いわき芸術文化交流館(福島)
★=イープラスにてチケット販売あり

<出演>
グレン・ミラーオーケストラ/ニック・ヒルシャー(男性Vo/音楽監督)


2014-05-29 15:51 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。