4年ぶりの来日!ズービン・メータ指揮イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団 公演の見どころ[公演情報]

 昔と比べて指揮者とオーケストラとの関係が短くなりつつある現在、ズービン・メータとイスラエル・フィルとの50年以上(「音楽顧問」時代を含めると半世紀以上)にわたるパートナーシップは、ほとんど他に類例のないものといえよう。メータは、1968年にイスラエル・フィルの音楽顧問となり、1977年に音楽監督に就任した。そして、1981から現在に至るまで終身音楽監督を務めている。その間、メータ&イスラエル・フィルは世界中を旅し、レコーディングを行い、名演を残してきた。


見どころ

 1936年生まれのメータは、小澤征爾、リッカルド・ムーティ、ダニエル・バレンボイムらと並ぶ現代を代表する巨匠指揮者の一人に数えられている。彼は大の親日家として知られ、2011年の東日本大震災の直後には日本を訪れ、NHK交響楽団を相手にベートーヴェンの「第九」を振った感動的な公演は記憶に新しい。

 イスラエル・フィルは、第二次世界大戦前夜の1936年、ナチスが猛威をふるっていたヨーロッパを逃れたユダヤ系奏者たちによって、パレスチナ交響楽団の名称で結成された。1948年にイスラエル共和国建国とともにイスラエル・フィルに改称。レナード・バーンスタインの薫陶を受け、1985年の来日公演では伝説的なマーラー交響曲第9番の名演を残した。弦楽器の名手にユダヤ系の奏者が多いように、イスラエル・フィルの最大の特長は弦楽器の美しさにある。

 今回、4年ぶりの来日となるメータ&イスラエル・フィルは、チャイコフスキーの交響曲第5番とマーラーの交響曲第5番をメインに、モーツァルトの交響曲第36番「リンツ」、ヴィヴァルディの4つのヴァイオリンのための協奏曲ホ短調、シューベルトの交響曲第6番のプログラムを全国で演奏する。バロック、古典派、ロマン派の作品をバランスよく配した選曲は、メータの円熟ぶりを聴くのに適したものといえよう。メータは、1977年にロサンジェルス・フィルとチャイコフスキー交響曲全集を録音し、来日公演では必ずマーラーの交響曲を演奏するなど、チャイコフスキーとマーラーを得意としている。今回の演奏会でも、メータのドラマティックで豊潤な音楽性が聴けるに違いない。一方、モーツァルトの「リンツ」では、ウィーンの伝統を受け継ぐメータが、古楽派とは一線を画し、それでいて、ロマンティック過ぎない、正統的な古典派音楽演奏を聴かせてくれるはずだ。モーツァルトやシューベルトではイスラエル・フィルの弦楽器の美しさが最も際立つ。ヴィヴァルディの4つのヴァイオリン協奏曲では、イスラエル・フィルの自慢のヴァイオリン・パートから4人の名手が独奏を務めるのも楽しみだ。国的にも時代的にもバラエティに富むプログラムによって、メータ&イスラエル・フィルの50年以上にわたる深い絆が実感できるコンサートとなるであろう。

[文/山田治生]

公演概要

ズービン・メータ指揮 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

<出演>
指揮:ズービン・メータ
管弦楽:イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

<公演日程・会場・予定プログラム>
▼2014/10/26(日) サントリーホール 大ホール (東京都)
ヴィヴァルディ:4つのヴァイオリンのための協奏曲ホ短調OP.3-4 RV.550
モーツァルト:交響曲 第36番「リンツ」K.425
チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調Op.64


▼2014/10/27(月) 東京芸術劇場 コンサートホール (東京都)
ヴィヴァルディ:4つのヴァイオリンのための協奏曲ホ短調OP.3-4 RV.550
モーツァルト:交響曲 第36番「リンツ」K.425
マーラー:交響曲 第5番 嬰ハ短調
▼NHK音楽祭 2014 管弦楽の黄金時代 後期ロマン派の壮大な調べ
2014/10/29(水) NHKホール (東京都)

シューベルト:交響曲 第6番 ハ長調 D.589
マーラー:交響曲 第5番 嬰ハ短調
▼2014/10/30(木) 福岡シンフォニーホール (福岡県)
ヴィヴァルディ:4つのヴァイオリンのための協奏曲ホ短調OP.3-4 RV.550
モーツァルト:交響曲 第36番「リンツ」K.425
チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調Op.64

▼2014/11/1(土) ザ・シンフォニーホール (大阪府)
ヴィヴァルディ:合奏協奏曲集 「調和の霊感」 op.3 より 第10番 RV580(※)
モーツァルト:交響曲 第36番 ハ長調 「リンツ」 K.425
チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調 op.64
※「調和の霊感」 の演奏曲目が出演者の意向により第4番 RV550から第10番 RV580に変更となっております。何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。
▼2014/11/2(日) 三重県総合文化センター 大ホール (三重県)
シューベルト:交響曲 第6番 ハ長調 D.589
チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調 op.64

▼第32回名古屋クラシックフェスティバル
2014/11/3(月・祝) 愛知県芸術劇場コンサートホール (愛知県)

ヴィヴァルディ:4つのヴァイオリンのための協奏曲 ホ短調 op.3-4 RV550
モーツァルト:交響曲 第36番「リンツ」K.425
マーラー:交響曲 第5番 嬰ハ短調


※曲目は演奏者の都合により変更になることがあります。


2014-06-05 13:43 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。