夢と楽しさを与えてくれる、子供と感じるクラシック Kids meet Classic !!
空飛ぶクラシック〜の世界へようこそ[公演情報]

Kids meet Music !〜空飛ぶクラシック〜とは?
 “親子で共に感じ、楽しむ一流の音楽”をキーワードに、音楽プロデューサー・ゴンザレス鈴木が2005年にスタートさせ、過去5万人以上の親子を動員し、平原綾香や、上妻宏光(津軽三味線)など超一流のアーチストも参加した、親子参加型の大型音楽プロジェクト“Kids meet Music !”

2014年、このプロジェクトの一環として、強力なメンバーと共に、親子で楽しめる「空飛ぶクラシック」が誕生しました!

「榊原 大」を音楽監督とし、姉妹クラシカル・ユニット「アウラ・ヴェーリス」や、新進気鋭の音楽家が集結した「空飛ぶクラシック楽団」と共に贈る、楽しさと発見、そして音楽の喜びを親子で感じる充実の内容です。さらにNHK[英語であそぼ」で歌のお姉さんとして活躍した、「クリステル・チアリ」も司会と歌で参加。「子供と感じる、はじめてのクラシック」。ご一緒に、クラシックの楽しさや美しさを体感してください.


親子で一流の音楽を、プロデューサーゴンザレス鈴木からのメッセージ!

 私が小さい頃に見た、アメリカのテレビ番組“セサミストリート”の中で、強く印象に残っているのが、グラミー賞を受賞しているような超一流の歌手や演奏家が、キャラクター達と一緒に、実に楽しそうに歌ったり、演奏をしているシーンでした。番組の中では、世代とか音楽的知識とか、そういったものを越えて、子供達と一緒に演奏家も音楽を楽しむというシンプルな喜びに、満ちて溢れていた記憶があります。アメリカのもっている音楽文化の懐の深さを感じるとともに、そこには、子供達に音楽の本当の喜びや楽しさを伝えていこうという「スピリット」がありました。

 今回、みなさんに親子で体感していただきたい、「Kids meet Classic ! 〜空飛ぶクラシック〜」というコンサートは、まさに世代の違いや音楽の知識や経験の差という垣根を取り払って、親と子で一流の音楽を「共に感じ、楽しむ」スペシャルな時間をお届けします。

 この「Kids meet Classic!」という言葉のアイディアは、今から10年ほど前に、私が立ち上げた「Kids meet Jazz!」というコンサートシリーズから始まっています。ある朝目を覚ますと、この言葉がまさに降ってくるように、頭の中に思い浮かび、意味もなくその言葉の響きにワクワクした記憶が残っています。当時私の子供は、小学校4年生だったと思うんですが、親心として、音楽でも美術でも本当に素晴らしいものに「実際に」触れて欲しい、という想いがあって、この言葉にはそうした想いが重なっていたんだと思います。

 当時の私は、音楽プロデューサーとして、頻繁にアメリカでレコーディングをしていて、それこそグラミー賞を受賞しているような素晴らしい演奏家と仕事をする機会が度々ありました。そこで感じたのは、本当に一流のアーチストは、卓越した演奏の技術だけでなく、人柄も一流だということでした。外国人でしかも彼らより音楽キャリアが浅い私のような人間にも、彼らは、実にオープンマインドに接してくれて、出し惜しみなくその技術や感性を、「聞く人の喜び」のために発揮してくれました。セサミストリートで見たあの「スピリット」が、まさにそこにあったと思います。

 2005年にスタートしたこの「Kids meet Jazz!」 は、今まで5万人以上の親子のみなさんを動員し、平原綾香さんや、上妻宏光さん(津軽三味線)といった本当に素晴らしいアーチストも参加してくれて、たくさんの笑顔を生み出してきました。そこで培った経験をもとに、クラシックというジャンルに音楽を広げて、強力なメンバーと共に、誕生させたのが、「Kids meet Classic!〜空飛ぶクラシック〜」です。もちろん「大人も子供も共に楽しむ一流の音楽」というスピリットはそのままに。

 芸大在学中に、「G-CLEF」でインストゥルメンタル・バンドとして初の「紅白歌合戦」に出場を果たし、その後もNHKテレビ小説「ファイト」のテーマ曲をはじめ、数多くのテレビや映画の音楽を作曲するピアニストの「榊原 大」さんを音楽監督とし、日本コロムビアから数々のCDをリリースし、高い評価を得ている芸大卒のチェロとピアノの姉妹クラシカル・ユニット「アウラ・ヴェーリス」に加えて、新進気鋭の音楽家が集結した「空飛ぶクラシック楽団」、さらにNHK「英語であそぼ」で歌のお姉さんとして活躍した「クリステル・チアリ」さんも司会と歌で参加。まさに楽しさと発見、音楽の喜びを親子で感じる充実した内容になっています。

 こうしたコンサートを通して、常に感じているのは、子供達は音楽的知識や経験がなくても、一流の演奏家のみなさんが繰り広げる、惜しみない質の高い演奏や、その音楽的な「スピリット」を心と体で精一杯感じ、大人がびっくりするほど「音」を「楽しんで」いるということです。このコンサートには、もちろん教育的な意味もありますが、それ以上に「感じる」ということが、すべてだと思っています。生の音楽を感じて、子供達の目の輝くかけがいのない瞬間を、大人も一緒に体感できるのが、この「Kids meet Classic!〜空飛ぶクラシック〜」です。

 インターネットの時代になり、音楽がスマートフォンやパソコンの中に存在し、子供達もヘッドフォンで楽しむのが当たり前のようになっています。そんな中で、世代を越えて、生で音楽に共感し、喜びを体感できるのは、本当に貴重なことだと思っています。  

 コンサートが終わった後に、親子で一緒に「楽しかったね!」と言っていただけることが、プロデューサーとして、この上ない喜びです。「子供と感じる、はじめてのクラシック」。ぜひご一緒に、クラシックもつ楽しさや美しさを体感してください!

ゴンザレス鈴木
(Kids meet Classic!〜空飛ぶクラシック〜プロデューサー〜)



<榊原 大>
東京芸術大学器楽科ピアノ専攻卒業。在学中に『G-CLEF』を結成、インストゥルメンタル・バンドとして初の「紅白歌合戦」出場を果たすなど、多彩な実績を残す。作曲家としても、NHK連続テレビ小説「ファイト」のテーマ曲をはじめ、映画音楽など幅広いフィールドで活躍中。最新作「Dear Classix」他アルバムリリースも多数。




<アウラ・ヴェーリス>
林はるか(チェロ)、林そよか(ピアノ・作編曲)の姉妹ユニット。日本コロムビアよりCDデビュー。姉はるかは人気沸騰中の「1966カルテット」でも活動。東京芸術大学音楽学部卒業、同大学院修了。妹そよかは「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」の楽曲編曲などでも活躍。東京芸術大学作曲科卒業、同大学院在学中。




<クリステル・チアリ>
声優、歌手、パーソナリティ。NHK『英語であそぼ』の4代目おねえさんとして活躍、「クリスおねえさん」として親しまれる。父親はギターリストのクロード・チアリ。親子で楽しめる英語、フランス語の歌のCDを数多くリリース。またJR、私鉄各線の英語車内アナウンスでも、その声が広く知られている。




<ゴンザレス鈴木>
音楽プロデューサー。映画「ゲド戦記」の主役の声および主題歌を歌った「手嶌葵」や、「アン・サリー」、「畠山美由紀」といった高い評価を受ける女性歌手を発掘しプロデュースする一方で、国際交流コンサートを数多く手がけ、2010年の上海万博では、「平原綾香」らが起用した愛・地球博の継承コンサート、また2012年の韓国・麗水国際博覧会では、「倉木麻衣」、「葉加瀬太郎」、「ゴスペラーズ」らを起用したジャパンデーコンサートの総合プロデュースおよび演出を手掛け、成功させる。2005年から始めた「Kids meet Music!」コンサートシリーズは、各メディアで高い評価を受け、その動員数は5万人以上にのぼる。


公演概要

親子で楽しむ Kids meet Classic! 〜空飛ぶクラシック!〜

<公演日程・会場>
2014/10/13(月・祝) Hakuju Hall(東京都)


公演時間(入替制)
第1回目 開場12:30  開演 13:00
第2回目 開場14:45  開演 15:15


<キャスト&スタッフ>
出演:榊原 大(ピアノ・音楽監督)、アウラ・ヴェーリス【林はるか(チェロ)、林そよか(ピアノ・編曲)】 クリステル・チアリ(司会・歌)、空飛ぶクラシック!楽団



2014-09-04 13:34 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。