グローリー・ゴスペル・シンガーズ クリスマス☆ゴスペル2014[インタビュー]

■年末年始クラシック特集「クリスマス公演」はこちら

インタビュー

――ずばり、ゴスペルの1番の魅力は?

 ゴスペルは世界にとって“希望”です。文化などは関係なく、ゴスペルの音楽はいつもみんなに喜びと希望を運んでくれます。今、わたしたちのいるこの世界は不安や心配事で溢れていて、たくさんの戦争、争いがあります。けれど、ゴスペル音楽は平和や平穏、喜びや希望をもたらし、こんな世界でどう生きていけばいいのかを教えてくれます。それはとても明確で、あなたにもわたしにも、みなさんにできることです。

――グローリー・ゴスペル・シンガーズの特徴を教えてください。

 わたしたちは様々な方法でゴスペルを歌います。同じ歌であっても、いろいろな歌い方をします。通常の伝統的な歌い方、近代的な歌い方、アカペラ、そしてジャズなど、世界中の歌い方の文化をつかっています。私たちの特徴は聴いてる人たちの心に届く歌を歌うことができることです。

――今回のコンサートのどんなところに注目して貰いたいですか?

 去年から今までのあいだに世界中ではたくさんのことが起こりました。私たちは全ての人に一緒に楽しんでもらい、たくさんのクリスマスの喜びと平和を全ての年代の人にとどけたいです。年配の方には尊敬と愛をもち、クリスマスと子供達や若い人たちの希望や愛をこめた、特別で情熱的な歌をすべてのお客さんにお届けします。

――読者に向けてメッセージをお願いします。

 こんにちは、私はフィリス・マッコイ・ジョベルト、グローリー・ゴスペル・シンガーズのディレクターです。私たちは日本に行ってみなさんのために歌うのをとても楽しみにしています。クリスマスがもうすぐやってくるので、特別な愛と喜びを私たちの歌に込めてみなさんに届ける準備をしています。みなさんにたくさんの愛を届けるのが待ちきれないです!!!みなさんに早く会いたいです!!!

――クリスマスシーズンに届けるこのコンサートに込める思いを聞かせてください。

 今回は少し違うことをしたいと思っていて、いくつか新しいビートや表現を考えています。A Christmas Drum Songや、Black Opera、Great Gospel、ラップ、アカペラなども少し考えています。新しい衣装と素晴らしいメンバーと共に、みなさんにクリスマスの希望と平和をお送りします!!!クリスマスの華やかなコンサートになると思います。クリスマスの喜びの歌で皆さんに幸せをお届けします!!!

公演概要

グローリー・ゴスペル・シンガーズ クリスマス☆ゴスペル2014

<公演日程・会場>
12/6(土) 神戸国際会館 こくさいホール (兵庫県)
12/7(日) オリックス劇場 (大阪府)
12/11(木) 茅ヶ崎市民文化会館 大ホール (神奈川県)
12/14(日) 愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
12/16(火) 四街道市文化センター 大ホール (千葉県)
12/18(木) 相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
12/19(金) 杉並公会堂 (東京都)
12/20(土) 神奈川県民ホール 大ホール (神奈川県)
12/21(日) 渋谷公会堂 (東京都)
12/22(月) すみだトリフォニーホール 大ホール (東京都)
12/23(火・祝) 川口総合文化センター リリア メインホール (埼玉県)
12/24(水) よこすか芸術劇場 (神奈川県)
12/25(木) 府中の森芸術劇場 どりーむホール (東京都)

<出演>
グローリー・ゴスペル・シンガーズ



2014-11-11 17:34 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。