ラ・フォル・ジュルネ新潟2015[公演情報]



ラ・フォル・ジュルネとは

1995年に、フランスの港町ナントにて誕生したラ・フォル・ジュルネは、今までのクラシックの常識を覆した、まったく新しい音楽祭です。アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタンが創り出したのは、驚きに満ちたクラシック音楽の宝石箱。その勢いはフランス国外にも拡がり、2005年に東京、2008年に金沢、そして2010年からは新潟とびわ湖で開催しています。

ラ・フォル・ジュルネの魅力

・1公演約45分で、いくつものプログラムを気軽にハシゴできる!
・一流の演奏が低料金で楽しめる!
・赤ちゃんからクラシックファンまで老若男女誰でも楽しめる!
・まち全体が音楽一色の「お祭り」ムード!

新潟ならではの魅力

和風建築とクラシック音楽の融合。非日常的なひとときに包まれる!
・りゅーとぴあコンサートホールの極上の音響を体感!
0歳から聴けるコンサートも!
・新潟の「食」「花」も満喫!
・光のアート「プロジェクションマッピング」で夜まで楽しめる!


2015テーマ 「パシオン 〜恋する作曲家たち〜」

〈パシオン〉とは、フランス語で魂の奥底からあふれる思いのこと。 なかでも恋のパシオンは、多くの作曲家にとって創作の原動力となりました。 クラシックの名曲に込められた、恋のせつなさややるせなさ、燃えさかる思いをお届けします。クラシックファンだけではなく映画や文学のファンの方々にもきっと楽しんでいただけることでしょう。


開催概要

ラ・フォル・ジュルネ新潟2015
【テーマ】
パシオン〜恋する作曲家たち〜

【日程】
プレ公演
4/26(日)≫プログラムはこちら
本公演
5/8(金) ≫プログラムはこちら
5/9(土) ≫プログラムはこちら
5/10(日) ≫プログラムはこちら


【会場】
りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館
[コンサートホール/劇場/能楽堂]
燕喜館/旧齋藤家別邸/旧小澤家住宅

各地のラ・フォル・ジュルネ情報≫ 東京公演びわ湖公演



2015-03-09 18:03 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。