緊急開催≪ロストロポーヴィチを偲ぶ会≫[公演情報]
チェロの巨星、ロストロポーヴィチを偲ぶ会 開催決定

classix.jpg

財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団、サイトウ・キネン財団、潟Wャパン・アーツの三団体の尽力により、去る4月27日に亡くなった音楽家ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ氏を追悼する『ロストロポーヴィチを偲ぶ会』を開催することが決定しました。
入場は無料です。
 世界的なチェリストとして、また指揮者として活躍する一方で、その音楽を通じて民主主義と平和を訴え、旧ソヴィエト連邦の批判を続けるなど社会的な活動も熱心に行う闘士でもあったロストロポーヴィチ氏。
芸術家という領域を超越した存在は、一人の人間として世界中のの人々に勇気を与え続けてきました。1958年の初来日以来、日本をこよなく愛する親日家として知られ、音楽家だけでなく様々な人々と深く交流を続け、多くの人に愛されました。

偲ぶ会では、所縁のある皆様にご出席と追悼の言葉をいただき、懐かしい氏の生前の映像等も上映する予定です。今回の『偲ぶ会』は小澤征爾氏の呼びかけにより実現の運びとなりました。多くのファンの皆々様、ぜひご来場ください。
*ロストロポーヴィチ氏の長女、チェリストのオルガ・ロストロポーヴィチさんも急遽来日いたします。

日時 7月21日(土)18時30分より(開場は18時より)
会場 すみだトリフォニーホール 大ホール(アルカタワーズ錦糸町)
※会への参加は無料です。チケット等はありません。どなたでもご入場いただけます。

>>詳しくはこちら


2007-07-18 21:59 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。