華麗なるオペラ・バレエ音楽の世界!≪NHK音楽祭2007≫[公演情報]
クラシックファンにとって、毎年恒例のお楽しみ≪NHK音楽祭≫

nhk_logo.gif

今年も素晴らしいオーケストラが集い、魅了します。本公演のテーマは華麗なるオペラ・バレエの世界、気になる詳細をご紹介いたします。チケット購入がまだの方はぜひお早めにどうぞ!

>>チケットの詳細・お申込みはこちら!
 

2007年11月5日(月)
18:00開場 19:00開演 プレトーク 18:30〜18:45

パリ管弦楽団
指揮: クリストフ・エッシェンバッハ
曲目 ベルリオーズ/序曲「ローマの謝肉祭」
ストラヴィンスキー/バレエ音楽 組曲「火の鳥」(1919年版)
ラヴェル/ バレエ音楽「マ・メール・ロワ」
バレエ音楽「ラ・ヴァルス」
「ボレロ」

■クリストフ・エッシェンバッハ
ピアニストとして国際的に活躍し、1972年から指揮者の道を歩み始める。ヒューストン交響楽団、チューリッヒ・トーンハレ、ロンドン・フィル、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団などを経て、2000年からパリ管、03年からフィラデルフィア管の音楽監督を務める。世界の一流オーケストラへの数多くの客演に加え、主要歌劇場にも招かれており、02年にはバイロイト音楽祭に出演。05-06年はパリのシャトレ座にてパリ管を指揮し、≪ニーベルングの指環≫全曲を上演。02年レジョン・ドヌール勲章を受章。

1105_1.jpg
©Eric Brissaud


■パリ管弦楽団
フランスで最も歴史あるオーケストラであるパリ音楽院演奏協会管弦楽団の発展的解消により、シャルル・ミュンシュを初代の音楽監督として1967年に創立された。その後、カラヤン、ショルティ、バレンボイムなどに引き継がれ、2000年からエッシェンバッハがその任を務めている。現在では、毎年80回以上の演奏会で、3世紀以上にわたる膨大なレパートリーを演奏。また新作委嘱とその初演を通して創造活動にも重きを置いている。06年から新装成ったパリのサル・プレイエルを本拠地としている。

1105_2.jpg
 

2007年11月14日(月)
18:00開場 19:00開演  プレトーク 18:30〜18:45

ドレスデン国立歌劇場管弦楽団
指揮: ファビオ・ルイージ
曲目 ウェーバー/歌劇「魔弾の射手」序曲
ワーグナー/歌劇「さまよえるオランダ人」から
“外国人のお客を迎えてくれ”
ウェーバー/歌劇「オイリアンテ」序曲
R.シュトラウス/歌劇「ダナエの愛」から
“第3幕への前奏曲”“第3幕フィナーレ”
ワーグナー/楽劇「ワルキューレ」第1幕

■ファビオ・ルイージ
ウィーン・トーンキュンストラー管、スイス・ロマンド管、ライプチヒ放送響などを経て、2007年からドレスデン国立歌劇場管弦楽団音楽総監督、および同歌劇場管弦楽団の首席指揮者に就任。また05年からウィーン交響楽団の首席指揮者を務める。02年、ドレスデン国立歌劇場管を指揮してザルツブルク音楽祭にデビュー。ウィーン国立歌劇場、メトロポリタン歌劇場でオペラを指揮して成功を収め、世界のオーケストラに客演している。

1114_1.jpg
©K.Miura


■ドレスデン国立歌劇場管弦楽団
1548年ザクセン州の選帝侯モーリッツによって創立された450年以上の歴史を誇るオーケストラ。指揮者にはウェーバー、ワーグナーも名を連ね、ベーム、カイルベルト、ケンペ、コンヴィチュニー、スウィトナーらが歴史を使ってきた。首席指揮者を務めたシノーポリ、ハイティンクらを経て、2007年からファビオ・ルイージが音楽総監督に就任。

1114_2.jpg



2007年11月18日(月)
14:00開場 15:00開演  プレトーク 14:30〜14:45

マリインスキー劇場管弦楽団
指揮: ワレリー・ゲルギエフ
曲目 チャイコフスキー/バレエ音楽「白鳥の湖」から
ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」
プロコフィエフ/バレエ音楽 組曲「ロメオとジュリエット」

■ワレリー・ゲルギエフ
1978年≪戦争と平和≫でキーロフ歌劇場にデビュー。現在は、マリインスキー劇場の芸術監督兼総裁、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、2007年よりロンドン交響楽団の首席指揮者に就任。同時に、サンクトペテルブルクの白夜祭などさまざまなフェスティバルの芸術監督を務めている。マリインスキーでは、2000年≪ニーベルングの指環≫上演を成功させた。ロシア国家栄誉賞、日本の旭日中緩章など国内外から数多くの賞を授与されている。

1118_1.jpg
©加納典明


■マリインスキ劇場管弦楽団
ピョートル大帝の治世のもと18世紀に創設。1860年以来、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で、ロシア・オペラ、バレエを多数初演し、ヨーロッパ作品も多く手がけた。ムラヴィンスキー、テミルカーノフの指導のもとで高い芸術的水準を維持し、1988年、ゲルギエフがオペラの芸術監督に選出され、96年、芸術監督および総裁に任命された。現在、欧米の主要歌劇場と密接な関係を結び、世界各地で演奏活動を行っている。

1118_2.jpg
 

2007年11月26日(月)
18:00開場 19:00開演 プレトーク 18:20〜18:35

NHK交響楽団
指揮: ネルロ・サンティ
【合唱】新国立劇場合唱団
曲目 ドビュッシー/交響詩「海」
マスカーニ/歌劇「イリス」 第1幕から“太陽の賛歌”
プッチーニ/歌劇「蝶々夫人」 第2幕から
“ハミング・コーラス”“間奏曲”
プッチーニ/歌劇「トゥーランドット」 第1幕から
“斧をとげ”“月への祈り”
ヴェルディ/歌劇「オテロ」 第1幕から“喜びの炎よ”
ヴェルディ/歌劇「オテロ」 第3幕からバレエ音楽
ボロディン/歌劇「イーゴリ公」第2幕から“ダッタン人の踊り”
ヴェルデイ/歌劇「アイーダ」 第2幕から
“エジプトとイジスの神に栄光あれ” 
・共催:NHK交響楽団 ・協賛:岩谷産業株式会社

■ネルロ・サンティ
1960年代にウィーン、ロンドン、ニューヨークなど世界の一流歌劇場でデビュー。欧米の歌劇場、オーケストラでキャリアを積み、日本ではNHK交響楽団と共演を重ねている。2000年サン・カルロ歌劇場の≪2人のフォスカリ≫で大成功を収め、パレルモで≪トゥーランドット≫、リセウ劇場で≪ナブッコ≫などを指揮。07年は、ベルゲンでの一連のコンサートに加えて、チューリヒ歌劇場の新演出オペラ≪フランチェスカ・ダ・リミニ≫≪アンドレア・ジェニエ≫を指揮する。

1126_1.jpg
©Shinji Takehara


■NHK交響楽団
1926年に日本初のプロ・オーケストラとして結成された新交響楽団が、日本交響楽団の名称を経て、1951年NHK交響楽団に改称。カラヤン、アンセルメ、カイルベルト、マタチッチなど世界一流の指揮者を次々と招聘し、歴史的名演を残している。年間約120回の演奏活動を開催するほか、定期的に外国公演を行い、その活動と演奏は国際的にも高い評価を得ている。

1126_2.jpg



>>チケットの詳細・お申込みはこちら!


2007-07-27 12:29 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。