夢の共演!ニコライ・トカレフ(p)&ルツェルン交響楽団[公演情報]
toka.jpg

 夢の共演が実現する。人気ピアニスト、ニコライ・トカレフと、共に初来日となるオラリー・エルツ指揮ルツェルン交響楽団との日本での初顔合わせである。

 トカレフは、ロシアの名門モスクワ市立グネシン記念中等音楽専門学校に学び、校長ミハイル・ホフロフと、モスクワ音楽院教授であるエレーナ・リヒテルに薫陶を受けた。特に後者は、ロシアン・ピアニズム最大の潮流であるネイガウス派の総帥ゲンリヒ・ネイガウスの弟子で、かのブーニンも育てている名教授である。つまりトカレフは、ロシアン・ピアニズムの正当なる継承者なのだ。そのトカレフは、世界的な活躍もさることながら毎年のように来日、度ごとに著しい成長を示す魅力的な演奏を日本のファンに示してくれている。昨年は映画「ピアノの森」の親善大使としても大いに話題となった。
続きはe+Selectionで!

【公演情報】
6/29(日)横浜みなとみらいホール 大ホール(神奈川県)
【プレオーダー受付】1/30(水)〜2/3(日)
【一般発売日】2/15(金)

6/30(月)サントリーホール 大ホール(東京都)
【プレオーダー受付】1/30(水)〜2/3(日)
【一般発売日】2/8(金)

>>チケットの詳細・申込


2008-02-01 18:20 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。