ヴァイオリン演奏の歴史における象徴的存在、イダ・ヘンデル 来日公演迫る![公演情報]
ida_hendel.jpg

 イダ・ヘンデルはヴァイオリン演奏の歴史における象徴的な存在として最も尊敬されている音楽家のひとりである。
 幼少よりカール・フレッシュやジョルジュ・エネスコといった著名な指導者から音楽の基礎を学び、わずか8歳にしてヘンリー・ウッド卿指揮のプロムス・コンサートで華々しくロンドン・デビューを飾った。それ以来、彼女は世界中のコンサートホールで主要オーケストラおよび著名指揮者たちと共演し、その卓越したテクニックと鋭い音楽性は数々の賞賛を集めている。

 また、レコーディングでは常に他の演奏の価値を測る基準となっており、特に最近のレコーディングはフランスの栄光あるディアパソン・ドールを受賞した。ロンドン・タイムス紙のニコラス・ケニョンはエルガーのヴァイオリン協奏曲の演奏について、次のような批評を書いた。

「私はイダ・ヘンデルほど音楽性に富むヴァイオリニストを他に知らない。押しつけがましくない正確な感覚によるスタイル、見事なまでに自由なフレージング、楽曲の大きな方向性に対する鋭い感覚といったヘンデルの資質は、冷静な正確さや小節レベルの派手さといった部分的なものにこだわっていないからこそ賞賛される。」

 またボストン・グローブ紙の批評家リチャード・ダイアーは、ボストン交響楽団とのべ一トーヴェンのヴァイオリン協奏曲の演奏におけるイダ・ヘンデルの芸術性について「新鮮で若々しいインスピレーションが今なおヘンデルの演奏全体に生命を吹き込んでいる。彼女はそれこそが全てだと知っているが、しかしまだ何かを発見するための航海の途中である。彼女は羨ましくなるほど純真に直接的かつ情熱的に旋律を奏でた。」と力強くまとめた。

 最近の活動は、フィラデルフィア管弦楽団でマルタ・アルゲリッチ、ミッシャ・マイスキーと共にべ一トーヴェンの三重協奏曲を演奏した。また、ヴェルビエ音楽祭およびシュレスヴィッヒ・ホルシュタイン音楽祭においては演奏とマスタークラスをおこない、そこでは彼女の生涯と経歴についての主要なドキュメンタリーの撮影も行われた。

 いよいよ公演が近づいてきました。お申し込みはお早めにどうぞ!

【公演情報】
4/22(火)フィリアホール (神奈川県)

チケット発売中!
>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!


2008-04-14 19:17 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。