『清水和音 vs 東京フィル』『篠崎史紀 presents ハートストリングスな夏の夜』サントリーホールで同日2公演開催決定![公演情報]
クラシック専門のインターネットラジオ「OTTAVA」(オッターヴァ)が開局1周年を記念して、『あの名曲シリーズ』と銘打ち、サントリーホールでの公演を開催することが決定しました!

その名も、〜コンテンポラリー・クラシック・ステーション OTTAVA 1st. Anniversary あの名曲シリーズ〜
今回は土曜日の公演ということで昼夜2公演を開催します!

清水和音

昼公演は『清水和音VS東京フィル 〜ピアノとオーケストラの競演〜』

曲目はまずムソルグスキー「展覧会の絵」。一般的にはラヴェによる編曲のオーケストラ版がつど知られているが今回はオリジナルのピアノ版と是非聞き比べてほしい。そしてもう1曲はラヴェルが作曲した「亡き王女のためのパヴァーヌ」。オリジナルはピアノ曲として作曲され、後に自身の手によってオーケストラ版に編曲されたものになります。
演奏するのは豊かな表現力でつど知られるピアニスト清水和音と金洪才指揮東京フィルハーモニー交響楽団。クラシックの演奏会ではめったにないピアノとオーケストラの競演にご期待下さい。

篠崎史紀 一方夜の公演は、『篠崎史紀 presents ハートストリングスな夏の夜』

NHK交響楽団の第一コンサートマスターで「まろ」の愛称で知られる、篠崎史紀率いる男性だけの弦楽合奏団が登場します。
名曲シリーズでは初めての弦楽公演で、演奏されるのは、モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、バッハ「G線上のアリア」、J・シュトラウスII「ピチカート・ポルカ」「美しく青きドナウ」、パッヘルベル「カノン」、エルガー「愛の挨拶」、チャイコフスキー「弦楽セレナーデ」などなど耳なじみの名曲が揃いました!

さらに今回イープラスでは、同じお席で昼夜両方の公演を楽しめるS席セット券を、1000円引きの10000円で期間限定で販売いたします!
この機会をどうぞお見逃しなく!!

清水和音 プロフィールと最新情報はこちら!
篠崎史紀 プロフィールと最新情報はこちら!
◎クラシック専門のインターネットラジオ「OTTAVA」 〜コンテンポラリー・クラシック・ステーション OTTAVA
1st. Anniversary あの名曲シリーズ〜

【公演情報】
『清水和音 vs 東京フィル 〜ピアノとオーケストラの競演〜』
『篠崎史紀 presents ハートストリングスな夏の夜』

7/19(土)サントリーホール 大ホール (東京都)

プレオーダー受付:4月15日(火)〜4月20日(日)18:00
S席セット券受付:4月15日(火)〜4月20日(日)18:00
一般発売日:4月26日(土) 10:00〜


>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!



2008-04-15 19:54 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。