ハイドン没後 200年記念 ハイドン・イヤー最大級のプロジェクト!! 新日本フィルハーモニー交響楽団 フランス・ブリュッヘン・プロデュース  “ハイドン・プロジェクト”ロンドン・セット全曲演奏会

新日本フィルハーモニー交響楽団 フランス・ブリュッヘン・プロデュース “ハイドン・プロジェクト”ロンドン・セット全曲演奏会 連載、第3回目はハイドン・プロジェクトが動き出した瞬間のお話をお送りします!

続きを読む
2008-12-17 19:28 この記事だけ表示
monthly.jpg

≪セット券先着先行受付決定!≫
12/13(土)10:00〜12/15(月)18:00

※公演中止の場合、当該中止公演の定価ではなくセット券の割引率に応じた額をご返金いたします。
また、本シリーズのうち一部の公演が中止になった場合でも、セット券そのものの払戻しはいたしません。

★チケットの詳細とお申込みは特集ページで!
2008-12-12 20:03 この記事だけ表示
woswps.jpg

≪セット券発売情報!≫

■ワールド・オーケストラ・シリーズ2009
一般発売は12/13(土)

■ワールド・ピアニスト・シリーズ2009
座席選択先行受付:受付中〜12/13(土)18:00
一般発売:12/14(日)

※公演中止の場合、当該中止公演の定価ではなくセット券の割引率に応じた額をご返金いたします。
また、本シリーズのうち一部の公演が中止になった場合でも、セット券そのものの払戻しはいたしません。

チケットの詳細とお申込みは特集ページで!
★ワールド・オーケストラ・シリーズ2009
★ワールド・ピアニスト・シリーズ2009
2008-12-12 19:58 この記事だけ表示
「楽しくなければ音楽ではない」。そう公言し、自ら設立した「ザ・ヨハン・シュトラウ>ス・オーケストラ」を 率いて世界中の人々を熱狂させているカリスマ・ヴァイオリニスト。それがアンドレ・リュウだ。
続きを読む
2008-12-12 19:06 この記事だけ表示
“クラシック音楽をもっと身近に、もっと気軽に・・・"をコンセプトに、2007年から始まった『100万人のクラシック』。「クラシック音楽のコンサートに行ってみたいけど、ちょっと取っつきにくい感じがして、なかなか足が向かない」という方のために、上質な演奏を、近くのホールで、お手頃価格で楽しんでもらおうという企画です。演奏される曲は、CMやドラマ、映画などでおなじみの曲ばかり。演奏時間は休憩を挟んで90分。疲れ知らずで、どなたでも気軽に楽しめます。

続きを読む
2008-12-11 15:58 この記事だけ表示
ドイツの歴史と伝統を背負い、進化を続ける名門オーケストラ、ケルンWDR交響楽団(ケルン放送交響楽団)。
クラシック界を牽引する指揮者、巨匠・セミヨン・ビシュコフとのコンビで、待望の来日!!

TGCロゴ.jpg

毎年海外の著名な指揮者・オーケストラを招聘し、豪華なソリストとの共演を実現する東芝グランドコンサートは、今年で28回目を迎えます。
2009年は、指揮者セミヨン・ビシュコフとケルンWDR交響楽団(ケルン放送交響楽団)、そしてソリストに、ヴィヴィアン・ハーグナーと田村響という豪華な共演が実現!!
ビギナーの方でも、クラシック音楽の歴史を存分に味わえるプログラム、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、シューマン、ドヴォルザーク作品を充実のセミヨン・ビシュコフ/ケルンWDR交響楽団で、ぜひご体感ください!!

≪ヨーロッパの名門オーケストラ≫
ケルンWDR交響楽団=ケルン放送交響楽団


オケ(C)WDR.Cl_sserath.jpg

長年クラシック音楽の歴史ある都市として培われ、世界遺産にも指定された大聖堂のあるドイツ西部の主要都市ケルンで1947年に北西ドイツ放送(NWDR)として創設され、言わずと知れた、ドイツの名門オーケストラ、ケルン放送交響楽団。
1999年夏より、母体であるWDR=西ドイツ放送協会(Westdeutschen Rundfunk)の頭文字をオーケストラ名に冠し、今日「ケルンWDR交響楽団」と名乗るようになる。

これまでに、首席指揮者として1977年〜83年に若杉弘が首席指揮者を努め、80年、83年には初来日を果たしている。その後、指揮者、ガリー・ベルティーニの時代に日本でも大きな人気を博した。さらに、以前にはコンサートミストレスに四方恭子、首席オーボエ奏者に宮本文昭が在籍し、現在も首席コントラバス奏者として河原泰則が在籍。日本人奏者が活躍してることでも有名。

≪クラシック界を牽引するトップランナー!≫
巨匠 セミヨン・ビシュコフ(指揮)


セミヨン・ビシュコフ(C)Shei.jpg

これまでにパリ管弦楽団の音楽監督、そして、ドレスデン国立歌劇場の首席指揮者としての輝かしい経歴を持ち、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ニューヨーク・フィル、シカゴ響など、世界のトップオーケストラでの客演も数多く、今まさに世界中が注目する指揮者の一人である。
現在、ケルンWDR交響楽団の首席指揮者として活躍。(1997年就任)
今や、同オケとの関係性も10年を超え、成熟したドイツ音楽の真髄を奏でる。
重厚で精密、さらに情熱的で暖かいビシュコフ&WDRの極上な音の響きが来春日本で旋風を撒く。
特に、日本国内では、2008年7月の「パリ国立歌劇場」初来日公園での「トリスタンとイゾルテ」を指揮し、各方面から好評を得たことは記憶に新しい。

〜コンサートに彩りを添える、個性豊かなソリスト〜

≪日本が誇る若手ピアニストのホープ≫
田村響

田村響.jpg

2007年「ロン・ティボー国際音楽コンクール」ピアノ部門優勝者、日本人として15年ぶりの快挙を果たした、田村響が登場。(3/5公演のみ)感情豊かで、情熱あるフレッシュな演奏を奏でる。

≪知性と情熱を合わせ持つヴァイオリニスト≫
ヴィヴィアン・ハーグナー


ハーグナー(C)Marco_Borggrev.jpg

ヴァイオリニスト、ヴィヴィアン・ハーグナー。(3/1公演のみ)
12歳で国際デビューを果たし、彼女もまたこれまでにベルリン・フィル、チェコ・フィル、 バイエルン国立管弦楽団、シカゴ響といった数々の名門オーケストラと共演を重ねてきた。
その高度で知的な音楽性と、情熱的な芸術性は聴衆を魅惑的な世界へ誘う。

≪クラシック界のゴールデン・コンビが、お届けする珠玉の演奏がこのお値段で!!≫

ここまでクオリティの高い海外招聘クラシックコンサートが、この価格でご覧になれるのは音楽業界驚愕の事実。
各方面で話題沸騰のリーズナブルな価格! この機会に是非、本格派オーケストラの息吹を感じて下さい。

イープラスではこちらの公演で「e+もっとクラシック!」と題し、
公演プログラム・キャンペーンを下記期間実施!
対象席種購入者先着100名様に公演プログラム(1500円相当)をプレゼント!

■セミヨン・ビシュコフ指揮 ケルンWDR交響楽団
09/3/1(日) ミューザ川崎シンフォニーホール(神奈川県)
09/3/5(木) サントリーホール 大ホール (東京都)

☆対象席種:S席、A席、B席(1枚につき1部プレゼントいたします)
☆キャンペーン期間:12月13日(土)10:00〜12月25日(木)18:00まで
☆プログラムのお渡しは、公演当日のみ、会場内プログラム引換所でのお引換となります。あらかじめご了承ください。
☆現金(プログラム代)との換金は出来ません。

帰宅してからも浪漫あふれる豊潤な響きの余韻に浸れる、長い夜になるでしょう。

※予定枚数に達し次第終了となります。予めご了承ください

>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!
2008-12-11 13:50 この記事だけ表示
ハイドン没後 200年記念 ハイドン・イヤー最大級のプロジェクト!! 新日本フィルハーモニー交響楽団 フランス・ブリュッヘン・プロデュース  “ハイドン・プロジェクト”ロンドン・セット全曲演奏会

新日本フィルハーモニー交響楽団 フランス・ブリュッヘン・プロデュース “ハイドン・プロジェクト”ロンドン・セット全曲演奏会 連載、第2回目はハイドン・プロジェクトが動き出した瞬間のお話をお送りします!



続きを読む
2008-12-09 13:11 この記事だけ表示
ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 名曲全集
2009シーズン年間セット券は座席が選べる先行受付!!


撮影=池上直哉

2009年7月で会館5周年を迎えるミューザ川崎シンフォニーホールと東京交響楽団が共同で主催する、この名曲全集は6年目のシーズンに入ります。毎回好評を博しているこのシリーズの2009シーズンのラインナップが発表されました!
今シーズンも期待できる魅力的な内容となっております。

イープラスでは座席選択先行受付が決定!!
座席選択先行受付とは、1席1席座席を選んでチケットをお申込みいただける 期間限定の先着受付です。ぜひこの機会をお見逃しなく!!

>>公演の詳細とチケット申込みはこちら! 続きを読む
2008-12-04 11:49 この記事だけ表示
清水和音.jpg

 バレンタインデーの午後のひととき、音楽の殿堂サントリーホールで、ピアノの名曲の小品を集めたソロリサイタルが行われます。バレンタインデーにふさわしく、ロマンティックなピアノの音に包まれながら、いつもよりも、もっと輝いた、あなたでいたい・・・。

 ピアノ音楽というとき、何を思い浮かべますか?
 ショパン? モーツァルト? ベートーヴェン??? いろんな答えがあるでしょう。うーん、思い浮かばない・・・という方も?

 でも、そんなの関係ありません。
 とりたててクラシック音楽を聴いたり、聴こうとしなくても、たとえば、ドラマで、映画で、そしてCMでと、あちらこちらでクラシック音楽を使ったシーンに、日々出会っているのです。

「あ、この音楽いいな! あ、これ、なんだか好きかも! でも、何の音楽だろう?」

 そう! 誰もが一度はどこかで耳にしたクラシック音楽。なかでも、有名な音楽ばかりをまとめてお届けしようという贅沢なコンサート、それが、OTTAVA 1st. Anniversary  あの名曲シリーズ。
 OTTAVAは、気楽にいつでも誰でもリラックスして、クラシック音楽のいいとこばかりを聴いてもらおうという、ちょっと欲張りなデジタルラジオ番組。その趣旨に添うように、誰もが肩肘張らず、リラックスして、いい音楽をゆったりと楽しんでもらおうと企画されたコンサートだから、その選曲は文句なしにおすすめのものばかり。
 シューベルトの《4つの即興曲》とブラームスの《間奏曲》で甘いメロディにウットリと酔いしれ、ドヴォルザークの《ユーモレスク》で童心に返り、ドビュッシー、ラヴェルでフランスの薫りに触れたあとは、ピアノの王道、ショパンの《英雄ポロネーズ》。ほかにも、ラフマニノフ、メンデルスゾーン、シューマン、リストなどなど・・・、日本を代表する名ピアニスト、清水和音のピアノで、名曲たちがキラ星のごとく燦然と輝きます。


■あの名曲シリーズ 清水和音 ロマンティック ピアノリサイタル
09/2/14(土) サントリーホール 大ホール (東京都)

>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!
2008-12-01 17:24 この記事だけ表示
ハイドン没後 200年記念 ハイドン・イヤー最大級のプロジェクト!! 新日本フィルハーモニー交響楽団 フランス・ブリュッヘン・プロデュース  “ハイドン・プロジェクト”ロンドン・セット全曲演奏会

今回で3回目の登場となるブリュッヘンは世界中から来る出演依頼の多くを断り、特定のオーケストラとしか共演をしていません。 その中のひとつが新日本フィルハーモニー交響楽団。今回は自らのプロデュースでこれまで以上に気合が入っている。 曲は大作、ハイドン「天地創造」!! ソリストも勿論ブリュッヘンチョイス。ハイドン・イヤーのこの年、世界中見回しても なかなか無い豪華なキャスティングでまさに唯一無比のハイドン・プロジェクト。壮大なドラマをお楽しみ下さい。

CLASSIXでは今回の公演の魅力を連載形式でたっぷりお届けしていきます!



続きを読む
2008-12-01 16:25 この記事だけ表示