ryu_goto.jpg

お待たせしました、五嶋龍の全国公演が決定!
イープラスではいち早く先行プレオーダーを受け付けます。

プログラムは濃厚なロマン派の香りが漂う、ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 op.26と超絶技巧が駆使されるビゼー/ワックスマン編曲のカルメン幻想曲を予定!

今年で20歳になる、若さ溢れる五嶋龍の演奏をお聴き逃しなく!

≪五嶋龍 ヴァイオリン・コンサート2008≫

8月12日(火)19:00開演 ハーモニーホールふくい(福井県立音楽堂)
8月15日(金)19:00開演 京都コンサートホール大ホール
8月16日(土)18:00開演 愛知県芸術劇場コンサートホール
8月25日(月)19:00開演 アクロス福岡シンフォニーホール
8月27日(水)19:00開演 リリア川口メインホール
9月1日 (月)19:00開演 ミューザ川崎シンフォニーホール

プレオーダー:5/7(水)12:00〜5/11(日)18:00

★チケット申込みとその他の情報はお気に入りEXPRESSで!
[携帯はこちら]
2008-04-02 11:09 この記事だけ表示
 ゲルギエフと並ぶロシアの巨頭、テミルカーノフのもと、2006年の来日ではショスタコーヴィチを集中的に演奏したサンクトペテルブルク・フィルが、今度はチャイコフスキーでロシア音楽の神髄に迫る。

temir.jpg
指揮:ユーリ・テミルカーノフ

 毎年、多種多様な組み合わせでクラシック・ファンを魅了するワールド・オーケストラ・シリーズだが、最近特に注目されるのが、一人の作曲家の作品を集中的に取り上げる“チクルス”もの。聴衆の嗜好の変化や、興行主・演奏家の意欲の現れともとれるが、ロシアを代表する老舗オーケストラが、ロシアの国民的作曲家を集中的に取り上げるとなれば、その意欲のほどもわかるというもの。
 サンクトペテルブルク・フィルは、かつて名指揮者ムラヴィンスキーのもと、カラヤン&ベルリン・フィルに並び賞されるほどの人気と実力を誇った名門オーケストラだが、巨匠テミルカーノフのもと、その一糸乱れぬアンサンブルと重量感に柔らかさと明るさを加味し変貌をとげた。
 今回は、ヴァイオリンの庄司紗矢香、ピアノのデニス・マツーエフ(1998年チャイコフスキー国際コンクール優勝)、チェロのタチアナ・ヴァシリエヴァ(2001年ロストロポーヴィチ国際チェロ・コンクール優勝)をソリストに引き連れての、堂々のチャイコフスキー・チクルスだ。しかも、「悲愴」を含む有名な後期3大交響曲、協奏曲のみならず、バレエ音楽「白鳥の湖」、幻想序曲「ロメオとジュリエット」、交響曲第1番「冬の日の幻想」も演奏する。交響曲第1番は、ロシアの冬の原風景が如実に表現され、後期3大交響曲へとつながる、チャイコフスキーの価値ある第一歩だし、「ロメオとジュリエット」は、たった20分間のうちに、物語のすべてが凝縮されている、初期の傑作。
 この冬は、彼らとともに、華麗なるロシア音楽の神髄を味わいつくしたい。

【公演情報】

<チャイコフスキー・フェスティヴァル>
2008年11月3日(月・祝) 開演14:00

サントリーホール 大ホール
2008年11月3日(月・祝) 開演19:00

サントリーホール 大ホール
2008年11月4日(火) 開演19:00

サントリーホール 大ホール
2008年11月5日(水) 開演19:00
東京オペラシティコンサートホール

<チャイコフスキー・ガラ>
2008年11月10日(月) 開演19:00
東京オペラシティコンサートホール

【プレオーダー受付】4/10(木)〜4/14(月)
【一般発売日】4/20(日)

>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!

★e+特集ページはこちら!
2008-04-01 17:47 この記事だけ表示
hyder0401.jpg
指揮:フリードリッヒ・ハイダー

 今秋の来日公演が待ち遠しいウィーン国立歌劇場。小澤の「フィデリオ」、ムーティの「コシ・ファン・トゥッテ」に話題が集中しているようだが、最も見逃せない作品は、ドニゼッティの「ロベルト・デヴェリュー」なのである。日本で公演が行われることは滅多にないが、ヨーロッパでは良く知られている演目で、ウィーンやミュンヘンでは毎年のように再演され、イタリアの主要劇場でも頻繁に上演されている作品だ。

 そしてこのオペラのエリザベッタ役を十八番にしているのがエディタ・グルベローヴァ。言うまでもなく世界最高のコロラトゥーラ・ソプラノで、40年近くも世界のトップに君臨しているという奇蹟のプリマ・ドンナである。ヨーロッパで頻繁に上演されているというのも、彼女がいるからであろう。

 「ロベルト・デヴェリュー」とはテノール役の伯爵の名前だが、実際にこのオペラの主役はソプラノのエリザベッタ(女王エリザベス1世)である。ストーリーは、このエリザベッタが愛と政治の狭間でもがき苦しみ、愛する人に裏切られるという悲劇。このオペラは狂乱オペラとも言われるが、コロラトゥーラ・ソプラノの華麗な高音のテクニック、しかも女王としての気高さや深い表現力が必要とされる難役として有名である。狂乱オペラとして有名な「ランメルモールのルチア」や「清教徒」のエルヴィーラもグルベローヴァの得意中の得意の役で、現在、このジャンルのオペラをグルベローヴァ以上に歌えるソプラノはいないと断言できる。

 廻りのメンバーも充実している。相手役のテノールにはスペイン人テノールで、アルフレード・クラスの後継者とも言われるホセ・ブロス。他にもバスのロベルト・フロンターリ、メッツォ・ソプラノのナディア・クラステヴァとウィーンの看板歌手とも言える実力派がそろう。そして、指揮者のフリードリッヒ・ハイダーはグルベローヴァのご主人。彼女の魅力を100%引き出すことが出来るのは彼だけである。ベルカント・オペラのスペシャリストとしても知られている。

【公演情報】
■ウィーン国立歌劇場2008年日本公演
チケット発売中!

◆W.A.モーツァルト作曲『コシ・ファン・トゥッテ』
10/21(火)〜10/27(月) 東京文化会館大ホール (東京都)
>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!

◆L.v.ベートーヴェン作曲『フィデリオ』
10/26(日)〜11/1(土) 神奈川県民ホール 大ホール (神奈川県)
>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!

◆G.ドニゼッティ作曲『ロベルト・デヴェリュー』
10/31(金)〜11/8(土) 東京文化会館大ホール (東京都)
>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!

★e+特集ページはこちら!
2008-04-01 16:58 この記事だけ表示
五嶋みどりさんが語る“ブリテン”の魅力

gotoh_and_ppo.jpg

 五嶋みどりです。5月のフィラデルフィア管弦楽団の来日公演で日本の皆さまとお会いできるのを大変楽しみにしています。

 演奏会では、チャイコフスキーとブリテンのヴァイオリン協奏曲を共演します。23日と24日に演奏するチャイコフスキーは、ヴァイオリン協奏曲の中でも最も有名な曲の一つですので、ご存知の方も多いと思いますが、25日と27日に演奏するブリテンのヴァイオリン協奏曲はあまり知られていないようです。

 ブリテン(1913−1976)は『青少年の管弦楽入門』が有名なイギリスの作曲家で、声楽やオペラをたくさん書いています。彼は平和主義者であり人道主義者としても知られていて、第2次世界大戦が勃発する前に、アメリカに亡命しました。
 彼の作品には『戦争レクイエム』など“反戦”の思想や時代の不安が反映されたものがたくさんあります。

 このヴァイオリン協奏曲も第2次世界大戦前の緊張感に包まれた時期に書かれた作品(1939年作曲)で、イギリスの田舎を彷彿とさせる抒情的なやさしさと緊張の間を行き来する幽玄的な作品です。
 スペインのブロサというヴァイオリニストのために書かれた作品ということもあり、第2楽章にはフラメンコのリズムが用いられています。そして、独り言のようなカデンツァがあって、最終楽章に突入していきます。

 このツアーが決まり、指揮者のエッシェンバッハと曲目の相談をしたときに、私が「ブリテンはどう?」と聞いたところ、彼も「ずっとブリテンを演奏したかった」とのことで、すんなりこの曲が決まりました。

 ブリテンは趣深く、聴きどころも多く、現代のヴァイオリン協奏曲の中では屈指の作品だと私は思っていますが、残念ながらあまり演奏される機会がありません。お聴きなじみのない曲目かと思いますが、是非皆様にこの機会に聴いていただき、この曲の良さを感じていただけたらと思います。

 それでは、日本で近々お会いできますのを楽しみにしています。

3月27日 五嶋みどり


【公演情報】
5/23(金)、5/24(土)、5/27(火) サントリーホール(大) (東京都)
チケット発売中!

>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!
2008-03-31 17:21 この記事だけ表示
nntt.jpg

≪オペラセット券・バレエセット券好評発売中!≫
発売日を気にすることなく、1年分のチケットを事前にまとめて確保できますので、ゆとりある観劇をお楽しみいただけます。
ライフスタイルに合わせてさまざまな組み合わせで申込んで、充実したオペラ&バレエ・イヤーにしてみてはいかがでしょう。

★公演の詳細とチケット申込みは特集ページで!
2008-03-28 16:33 この記事だけ表示
sppo.jpg

巨匠テミルカーノフ/老舗サンクトペテルブルク・フィル
ロシア最高コンビで贈るチャイコフスキー!

チャイコフスキー・フェスティヴァル、チャイコフスキー・ガラの計5公演をお楽しみいただけるセット券が好評発売中! 3/31(月)まで!

★公演の詳細・チケット申込みは特集ページで!
2008-03-28 16:17 この記事だけ表示
suntoryhall.jpg

サントリーホール・コンサートスケジュールに、4〜5月分の公演を掲載しました。
ゴールデンウィークのお出かけにクラシックを楽しんでみてはいかがでしょうか?

>>e+特集サントリーホール・コンサートスケジュールはこちら!
2008-03-26 17:21 この記事だけ表示
RWpic1.jpg

 全世界で500万枚のアルバム売上をもつ、英国が生んだスーパー・ヴォーカリスト、来日決定!

 飾らない性格から、本国英国では「国民のテノール」(People’s Tenor) と呼ばれているラッセルは、故ダイアナ妃が「国民のプリンセス」(People’s Princess)と呼ばれていたように、多くの英国民に愛されています。

■ラッセル・ワトソン イン コンサート 2008 “Outside In”
>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!
続きを読む
2008-03-25 18:20 この記事だけ表示
 すみだトリフォニーホール開館から続く、今回で第11回となる“オケ・フェス”は、ここ数年で急成長を遂げている日本のオーケストラの熱演と、それを知って足を運んでくださる皆様との相乗効果で、ホール中が熱気に包まれるフェスティバルとなっています。今回は日程を凝縮して、よりフェスティバルらしく、より各楽団の特色を聴き比べやすくなりました。

>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!
続きを読む
2008-03-14 18:04 この記事だけ表示
cl_main.jpg

クラシック・コンサートといえば、敷居の高い音楽、というイメージがあり、興味があってもなかなか足を運ぶのは難しいというのが現実。
海外オーケストラ、世界巨匠クラスのソリストによる来日コンサートでなくとも、才能溢れるアーティストの演奏を、もっと気軽に楽しめるのがこのシリーズ。
子供から大人まで「映画に行く感覚」「カフェに行く感覚」でコンサートに足を運んで頂きたいという思いを込めて企画しました。
新たなアーティスト、新たな音楽、新たな感動との出会いをあなたに。

■クラシカルラウンジvol.1

>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!

続きを読む
2008-03-13 17:00 この記事だけ表示