ただ一回のリサイタルが5年ぶりに実現!
マリア・ジョアン・ピリス ピアノ・リサイタル 



(C) Eduardo Gageiro / DG


緊急決定!
マリア・ジョアン・ピリス一夜限りの奇跡のコンサート。
5年ぶりとなる本当に待望の来日公演が決定!!

ピリスの魅力溢れる人間性と優雅で優しいピアニズム。
e+での独占販売ですので絶対にお見逃しなく!必聴です!

>>チケットの詳細・申込み


続きを読む
2007-09-21 11:00 この記事だけ表示
ピアノ界の新鋭、ジャン=フレデリックの魅力、素晴らしさをぜひ感じてください。
今回は多くの人を魅了し、各紙面が絶賛したコンサート評の一つ、ワシントンポスト紙の記事をご紹介します。そして本人からメッセージ、さらにラ・フォル・ジュルネのプロデューサーであるルネ・マルタンからの応援メッセージも届きました!

jan.jpg

>>チケットの詳細・申込み

◆ジャン・フレデリック(p)より動画コメント&生演奏映像が届きました!
続きを読む
2007-09-20 22:03 この記事だけ表示
《未来のシューリヒト》として、ぼくがいま最も期待する若手、上岡敏之。10月の来日公演にはそのすべてに足を運び、少しでも多く彼の本質や才能に触れてみたいと思っている。なにしろ、まだ3回しかライヴに接したことがなく、そのうち1回はN響との「第九」で、上岡の力が十分に発揮されず、2階正面で聴いたがホールの響きも悪く、聴いた回数には入れられないからだ。
 その上岡が手兵ヴッパータール交響楽団を振った初めてのライヴ・セッション録音が2枚リリースされることになった。
この「悲愴」ともう1枚はブルックナーの「7番」だが、後者は未聴である。
TDK-MA301s.jpg

◆宇野功芳氏も絶賛の上岡の≪悲愴≫が視聴できます!
※再生ボタンを押して下さい。







チャイコフスキー:交響曲 第6番 ロ短調 作品74 《悲愴》
収録:2007年5月13、14日 ヒストーリッシェ・シュタットハレ(ヴッパータール)におけるライヴ収録
発売日:2007年10月9日


>>チケットの詳細・申込み
続きを読む
2007-09-20 19:45 この記事だけ表示
BOB_[tbg-1.jpg
BOB_2_small_.jpg
(c)Lefebvre

楽聖ベートーヴェンの名を冠し、その故郷ボンを本拠地とし、この作曲家の演奏については他の追随を許さぬ名門オーケストラ。2007-08年シーズンに創設100周年を迎える‘ベートーヴェン・オーケストラ・ボン’によるオールベートーヴェンプログラムによる記念ツアーが決定!

>>チケットの詳細・お申込みはこちら!
 続きを読む
2007-09-13 11:49 この記事だけ表示
もっと多くの皆さまに、もっともっと多くのクラシックやオペラに親しんでいただきたい、という願いで目下進行中の特別企画『e+もっとクラシック!』の第2弾をお届けいたします!


ep-L0612_044.jpg
(C) photo_Monika Rittershaus


>>チケットの詳細、お申込みはこちら
 続きを読む
2007-08-15 20:52 この記事だけ表示
 大人気のドラマ『のだめカンタービレ』で「千秋真一」のピアノ吹き替え演奏を担当し、成海璃子・松山ケンイチ主演の映画『神童』では主人公「和音」のピアノ演奏、ピアノ演奏指導に加え、ピアノ講師役での出演も果たし、今年3月にさいたまスーパーアリーナで開催されたイベント『BYJ Classics / The Concert』 においては、約1万人の聴衆を前に見事な演奏を遂げ大好評を博した期待の俊英清塚信也が、スペシャル・コンサートを緊急開催することが決定しました!

kiyotuka.jpg

>>チケットの詳細・お申込みはこちら!
 続きを読む
2007-08-08 18:41 この記事だけ表示
今年の秋、驚きのピアノ・クインテットが日本にやって来る!
その名も「ザ・ファイヴ・ブラウンズ」は、アメリカはユタ州出身のブラウン一家の5人姉弟から成るスーパー・クラシック・グループ。下は22歳から上は28歳まで、女3人男2人の全員があの世界的名門ジュリアード音楽院の出身という輝かしい経歴をもつピアニスト。一人だけでも凄いところを、デザレー、デオンドラ、グレゴリー、メロディーにライアン、5人が仲良く力を合わせ、超絶技巧&驚異のアンサンブルを聴かせてくれるのだ。アルバムを出せばビルボード誌クラシック・チャート一位を独占、アメリカ&ヨーロッパでのツアーも好評を博している姉弟グループの素顔に迫った。

five_all.jpg

>>チケットの詳細・お申込みはこちら!
 
★ザ・ファイヴ・ブラウンズの皆さんからe+独占メッセージ到着!
 続きを読む
2007-08-06 11:58 この記事だけ表示
アカデミー賞外国語映画賞・スイス代表作品『僕のピアノコンチェルト』が、今年の秋に銀座テアトルシネマで公開されます。この映画の公開に先立ち、主人公のヴィトス役を演じた本物の“ピアノの天才”テオ・ゲオルギュー(14歳)が初来日します!

classix_movie.jpg

>>チケットの詳細・お申込み
 続きを読む
2007-07-30 19:20 この記事だけ表示
ついに「韓流」の封印は解かれるのか!
今回は選りすぐりの倉本オリジナル代表曲ほか、8/22リリースの「韓流」カバーアルバムからあの名曲も演奏予定!昔ながらのファンの方から最近知った方まで楽しめる公演となることでしょう。全ピアノファン、音楽ファンに伝えたい倉本の素晴らしい「音楽」。
未体験の方の方はぜひこの機会をお見逃しなく!


classix_0725.jpg
photo by CHEHO

>>チケットの詳細・お申込みはこちら!!
 続きを読む
2007-07-27 16:05 この記事だけ表示
クラシックファンにとって、毎年恒例のお楽しみ≪NHK音楽祭≫

nhk_logo.gif

今年も素晴らしいオーケストラが集い、魅了します。本公演のテーマは華麗なるオペラ・バレエの世界、気になる詳細をご紹介いたします。チケット購入がまだの方はぜひお早めにどうぞ!

>>チケットの詳細・お申込みはこちら!
 続きを読む
2007-07-27 12:29 この記事だけ表示